2007年02月02日

「Burnt」

20070202[Burnt].jpg

Anthony Horowitz 著
Orchard Books 出版

 雑学を扱うクイズ形式のテレビ番組で、ミステリとサスペンスの違いについて出題されていました。ミステリは、視聴者(読者)が犯人を知らないまま進行するものだそうです。一方、サスペンスは、視聴者(読者)は犯人を知っていながらも、ドキドキハラハラしながら展開を楽しむものだそうです。

 では、ホラーというジャンルはどう定義されるのでしょうか。本のジャンルというのは、私にとってよくわからないことのひとつです。でも、この「BURNT」は、たぶん、ホラーに分類されるのではないかと思います。「BURNT」「the MONKEY'S ear」「the shortest HORROR story ever written」の3編が収められているのですが、一番最後の「the shortest HORROR story ever written」には、Horrorという言葉が入っていますし、どの短編をとっても、たしかに結末は怖いのです。

 それでも、私が読む限り、「Burnt」「the MONKEY'S ear」は笑いを誘う面があります。怖い、という感じよりも、皮肉っぽい笑いを感じます。そして、すべてが見えたあと、結末で怖さを感じるようになっています。

 「BURNT」は、青白いがために、健康的に見せるため日焼けしようと必死に頑張る人の話です。その頑張りようというか、頑固さが、顔がちょっと引きつるような笑いを誘うのです。また、「the MONKEY'S ear」は、言葉の音に着目し、展開が見えたときに、にやっと笑ってしまいました。

 ホラーなのですが、ちょっと笑える異色の2編、「BURNT」と「the Monkey's ear」は読む価値があると思います。最後の「the shortest HORROR story ever written」は、おまけ、といった感じでしょうか。
posted by 作楽 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書(Age:9-12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック