2007年02月08日

「五日市剛の人間訪問 運命を変える言葉―世界一のエステティシャン今野華都子さんに聞く」

20070208[UnmeiwoKaeruKotoba].jpg

五日市 剛/今野 華都子 著
致知出版社 出版

 昔、新卒採用の新入社員のOJTを担当したことがあります。私が正式に担当した年は、例年より若干人数が多く、5名を超える新入社員がいたと思います。それだけいれば、適性がある人とない人の差が如実に出て、OJTの経験が浅くても、将来の彼らの仕事ぶりに対する評価はある程度予測できました。そして、5年後、その評価は予測通りだったといっていいと思います。

 就職氷河期という言葉が聞かれるようになると、内定を受ける人は複数の企業から受けるし、内定を受けられない人は何十社もの面接を受けても一社にも通らないということをよく聞きました。その話を聞くと、自分のOJT担当経験を思い出します。もし、あの新入社員たちの中からもっと人数を絞り込む必要があり、私を含め当時の課員がそれぞれ選んだ場合、その結果は、みな似たようなものだったと思うのです。

 伸びていく人は、放っておいても伸びていく。当時、私たちはよくそう言い合っていました。正直なところ、自分たちの仕事を抱えながら、5名を超える新人の教育が十分にできるはずがないと思っていました。つまり、どこか投げやりだったのです。伸びる人は伸びるし、伸びない人は伸びない。そして、それは仕方のないこと、と思っていました。

 その後も、私の考えは大きくは変わっていません。企業が営利団体である以上、あまり手をかけずに会社に貢献できる人材に育ってくれる人を採用したいと考えるのは仕方のないことだと思っています。内定が一部の人に集中し、一部の人に働く場がないことは、起こるべくして起こっていると思います。

 そのため、自分自身も働く場のない人になるのではないかという不安は常にありますし、そうならないために何かできることがないかを考えています。

 そんな私の考え方に大きな衝撃を与えたのが、この本の中でインタビューを受けている世界一のエステティシャンである今野華都子さんの発言です。

 挨拶をしないなど無愛想な対応しかせず、エステティックサロンのお客様に不快な思いさせる従業員を、今野さんが雇ったときの話です。
<<<<<
 そこで、苦情を呈するお客様の中でも特に思ったことをズバズバ口に出す方にこう言ってみました。
「申し訳ありません。本当に気分が悪いと思います。私もそう思いますし、辞めさせるのは簡単です。でもあの子はここ以外のどこかで勤まると思いますか?」
 私がそうお聞きすると、
「ムリムリ、絶対無理」
 とそのお客様はおっしゃいました。そこで、「もし無理ならこの子は社会のどこで働けばいいのでしょうか?」と申し上げて、
「どうか一緒に育てていただけませんか」
 とお願いしたのです。私より一回り年上のその方は「ホントに物好きね」と笑って協力してくださいました。
>>>>>

 今野さんはなぜ、辛いほうの道を選ぶのでしょう。どこも勤めるところがないような人にわざわざ手を掛けるのでしょう。最初から適切な応対をできる従業員を雇いなおさないのでしょう。

 それだけではありません。今野さんは、テレビ・電子レンジなどの電化製品、宝石などの装飾品、車などを敢えて持たず、それらを買うお金があれば、一人でも従業員を増やしたいというのです。その理由をこう説明しています。「一人でも多く、一時間でも長く人に働く場を提供したいと思っています。」

 その強い信念と徹底ぶりには、驚かされます。自分の考え方を柔軟にするために学びたい点のある人の興味深いインタビューでした。

 残念なことに、「宇宙を貫く幸せの法則」と同じ致知出版社が編集しているので、あまり読みやすくはなっていません。
posted by 作楽 at 00:26| Comment(1) | TrackBack(1) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Such an example methods is by availing itself from the services of a non-public security service.
Posted by セイコー5 at 2013年06月15日 16:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33181365

この記事へのトラックバック

五日市剛の人間訪問 運命を変える言葉―世界一のエステティシャン今野華都子さんに聞く
Excerpt: 五日市剛の人間訪問 運命を変える言葉―世界一のエステティシャン今野華都子さんに聞く
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-07-28 06:12