2013年03月11日

「日本人の知らない日本語3 祝! 卒業編」

20130311「日本人の知らない日本語3 祝! 卒業編」.jpg

蛇蔵/海野凪子 著
メディアファクトリー 出版

「日本人の知らない日本語2」を読んだときに"ここまできたら、ぜひ第三弾も出版して欲しいです"と、書きましたが、本当に第三弾が出版されました。

 第三弾は、前作2点と少し違った印象を受けました。おそらく、絵を担当されている蛇蔵さんとそのお友達が登場していることが理由のひとつです。たとえば、桂かい枝氏は、そのお友達のひとりなのですが、英語で落語を海外巡業されています。落語は、暗黙のお約束で成り立っている芸だということに、こうして取り上げられるまで気がつかなかった自分に驚くと同時に笑えました。

 落語は、ひとり芝居というか、登場人物すべてを噺家さんがひとりで演じます。わたしたちにとっては、当たり前のことです。でも外国の方々には当たり前ではありません。噺家さんが「おおっ よく来た よく来た」と言うと、観客がみな一斉に自分たちの後ろを振り返り、来た人を見ようとします。それを読んで笑ったあとは、当然の反応だよなと納得してしまいます。

 そのほか、タイトルどおり、それは日本人でも普通知らないでしょうということに"役割語"があがっていました。「ヴァーチャル日本語 役割語の謎」の金水氏が登場して、簡潔に説明しています。いままでに比べ、日本人でも知らない人のほうが圧倒的に多い話題だけに、レベルアップした内容だと思います。

 そしてこのシリーズは次、海外に飛び出してさらにレベルアップするようです。楽しみです。
posted by 作楽 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック