2007年04月06日

「Holes」

20070406[Holes].jpg

Louis Sachar 著
Yearling Books 出版

 おもしろさのひとつは、物語の絡み合い方です。約110年前から始まる昔の話と現代の話が交互に語られ、うまく絡み合います。また、それらの伏線が、意外なところで、意外なかたちでつながっていくのです。

 もうひとつのおもしろさは、いい意味での裏切り方です。前回はこういうパターンだったから、今回も同じパターンかと思えば、あっさり裏切られてしまいます。

 最後のおもしろさは、自分に不利にならないようにチーム内でうまく立ち回ることを懸命に考えたり、仲良くなった仲間のことを心配しながらも自分の身の安全とを天秤に掛けながら悩んだり、子供ながらに色々考える主人公の少年Stanlyの心の動きです。

 場所は、Texas州のGreen Lake Camp。Lakeは湖ですが、現在そこにあるのは、オークの木が2本しかないようなカラカラに干上がった、昔の姿を想像すらできない乾燥地帯。しかも、Campと言いながら、そこは罪を犯した少年が更生するための施設。くる日もくる日も、穴をひとりひとつずつ掘り、人格を形成する、ということになっています。ある日、そこに、Stanlyが、有名人がオークションに出した靴を盗んだという罪で入所します。

 Stanlyは、Green Lake Campでうまくやっていくことに知恵を絞りながら、暗黙のルールをひとつずつ学び、ある日、ある結論に達します。毎日穴を掘るのは、人格形成のためではなく、あるものを探すためなのです。

 それと並行して、Stanlyのひいひいじいさん、ひいじいさん、お父さんのお話が語られます。もうひとつ、Stanlyのひいじいさんの時代に生きたSamとKatherineの話が加わります。それぞれの話が進むにつれ、まったく関係ないように見えたそれらの話が徐々に結びつくようになっています。

 出来事は偶然ばかりの集まりですが、それぞれの人物の心の動きが自然なので、引き込まれてしまうのです。物語が絡み合いだすと、読むのを止められなくなってしまいました。
posted by 作楽 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書(Age:9-12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック