2014年02月25日

「日本人が気づいていないちょっとヘンな日本語」

20140225「日本人が気づいていないちょっとヘンな日本語」.jpg

デイビッド・セイン/長尾 昭子 著
アスコム 出版

 この本で「ヘンな日本語」と指摘されている内容は、大きくわけてふたつに分類できます。ひとつは、日本語として誤っているとされているもの、あるいはかつては使われていなかったけれど定着して俗に通用するようになったものです。もうひとつは、日本語を外国語として習得する際に難関となるようなものです。

 前者の代表がコンビニ用語と呼ばれる、「1万円からお預かりします」のような決まり文句や若者言葉です。複数の日本人が使っているからといって正しいとは限らないし、誰に対しても意図したとおり伝わるとは限らないというものです。後者は、前者に比べると広範囲にわたっていますが、タイトルにあるように「気づいていない」ことがいくつかありました。

 ひとつは、否定形の疑問文です。レストランなどで「空いている席はないですか?」と訊くのは、ないことを期待しているように聞こえて不自然だという指摘です。言われてみれば、わたしも否定形で訊いている気がします。空席があったらいいと思っていても、「ないですか?」と訊くのは、否定的な返答を受けたときのショックを和らげるためではないかと日本語教師である長尾氏はコメントしています。

 もうひとつは、程度がはっきりしない言葉、具体的には「それなり」についてです。この単語は、テレビコマーシャルをきっかけとして広く浸透した言葉ですが、その理由として日本人は、上流でもなく下流でもなく中流を好むため、こういう曖昧ながら両端をきっちり除く言葉が広く受け入れられたのではないかという考察です。日本人にとっては便利に使える言葉ですが、慣れていない人にとっては、状況に応じて個々が判断しなければならないだけに難しい単語だと気がつきました。

 日本語が堪能な外国人の方の視点だけに、納得することばかりです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック