2014年03月19日

「かなり気がかりな日本語」

20140319「かなり気がかりな日本語」.jpg

野口 恵子 著
集英社 出版

 特定の言葉をとりあげ、その使い方の正誤を考えたり、誤用の場合はその理由を考えたりする類の本ではありません。日本語の変化からコミュニケーションの変化を考察しています。その内容は、抽象的でそれだけでは幾分わかりにくい点があるのですが、実例が列挙されているので、説得力ある内容になっています。

 印象に残っている論点は、ふたつあります。ひとつめは、若者のコミュニケーションのとり方が変化してきている点です。東京の大学で教鞭を執る著者が日常的に聞く日本語は、地理的には東京近辺、世代的には若者が多いという偏りがあります。わたしは、同じ東京近辺に住んでいても接する世代は中高年に偏っているため、若者が言葉を発することなく、相手にすべてを察してもらおうとするコミュニケーションをとるよう変化しているとは知りませんでした。ただわたしでも、直截な表現を避け、曖昧な言葉で伝えようとする姿勢は感じていたので、納得できる点もありました。

 もうひとつは、行き過ぎたと丁寧語です。通常、会話は二者間で成り立ちます。そして話者の身内がその会話に登場するとき、敬語は使われません。しかし著者は、その会話が二者間で完結せず聴衆がいる場合、たとえばテレビ放映のためのインタビューを受ける場合などは、丁寧に話しているという印象を聴衆に与えたいと話者が思うあまり、「(高級ブランドのバッグを)主人に買っていただきました」のように身内に対しても謙譲語を使う傾向があると指摘しています。同様に、身内に対して尊敬語を使って事例も紹介しています。敬語が使われる状況の変化は混乱を招きます。尊敬語と謙譲語があるため、主語が省略されても誤解が起きないと言われた日本語ですが、状況は変わっていくのかもしれません。

 どちらかというと円滑なコミュニケーションを阻害する方向に日本語が変わってきているような気がして、読んでいて不安になりました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック