2014年04月09日

「日本人の知らない日本語4 海外編」

20140409「日本人の知らない日本語4 海外編」.jpg

蛇蔵/海野凪子 著
メディアファクトリー 出版

 大笑いできるので、わたしのストレス発散のシリーズとなっているこの「日本人の知らない日本語」が海外進出しました。フランス、ベルギー、ドイツ、イギリス、オーストリア、チェコ、スイスなどで日本語を学ぶクラスを訪ねています。

 今作も、いままで同様笑えましたが、少し物足りなさも感じました。タイトルにある「日本人の知らない日本語」があまり登場しないことが原因かと思います。日常的に使っている物の名前を意外と知らなかったり、回りくどい表現を使う傾向があると気づかされたり、そういう身近過ぎて気づかなかった日本語のことが話題の中心から外れていました。

 どちらかというと、諸外国で日本語を学ぶ人が日本に惹かれた理由や、外国と日本の文化の違いなどが中心になっています。それはそれでおもしろいのですが、やはり知っていてしかるべきことを知らなかったことの衝撃に比べれば、インパクトが弱い気がします。

 この本がヒットしたせいか、類似の本を見かけるようになりました。それでも、このシリーズが類似本よりおもしろいと感じるのは、構成が練られているためだと思います。はっと気づく瞬間を再現するよう努めているよう感じられるのです。

 どうせなら、タイトルにある通り、日本人なのに知らない日本語について、はっと気づかされる内容を続けてほしかったと感じました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック