2007年05月02日

「Lena」

20070502[Lena].jpg

Jacqueline Woodson 著
Puffin 出版

 最近、幼児虐待のニュースを聞くことが多くなりました。今までもあったことが顕在化しているのか、幼児虐待そのものが激増しているのかわかりませんが、ニュースを聞くたび、露見していない同じようなケースがどれだけあるのかを考えてしまいます。そして、自分の良心に自信が持てなくなるのです。もし、幼児虐待が行なわれているのではないかと疑いを持ったとき、私自身がどういう行動をとるのかと。

 そういう事件に巻き込まれたときの自分の大変さを一番に思ってしまうのではないか、虐待を受けている子供のことを一番に考えられないのではないか、と怯えているのです。

 そういう子供たちは可哀想と思っても、気持ちの上では何もわかっていないのです。

 この本の主人公はLena。9歳のときに母親を癌でなくし、父親から性的虐待を受け続け、とうとう13歳のときに、8歳の妹Dionと家出することを決意します。住んでいたオハイオから、母親が生まれたというケンタッキーを目指します。

 この性的虐待を受けていた姉妹の心の動きが細かく描かれているのですが、すべて本当のことをのように思えてきて、心がえぐられるように感じるのです。

 妹のDionは、つらい虐待のことを記憶の中から閉め出そうとし、虐待を受けたことなどないと、姉のLenaに言います。姉のLenaは、逃げ出してきた現実から目を逸らして欲しくはなく、それを思い出させようとします。そうすると、Dionは、自分は悪い子だから、他の子が遭わないこんな辛い目に遭うのだと自分自身を責め始めます。Lenaは、私たち子供が、大人の行動をコントロールできるわけなどないのだから、Dionが悪いわけではない、と言いきかせます。Lena自身、同じ考えを持ち、それを否定しながら、なんとかやってきた過去の道のりを思うと、世の中の理不尽さにさらされる子の前に立ちすくむ自分が居ます。

 家出生活は、過酷です。ヒッチハイクは危険ですし、クリスマスにさえ、暖かいお風呂につかることも、ツリーを見ることもできません。車に乗せてくれた人たちや警察に怪しまれない程度には良心の呵責を感じながらもうまく嘘をつく必要もあります。

 それでも、逃げ出してきたLenaの勇気。私は歳を取りすぎていて、もう大きな夢は見られない。だけど、妹は違う。妹と妹の夢は守ってやらなければ、と立ち上がったLena。13歳で歳をとり過ぎていて夢をもてないというのは悲し過ぎますが、それでも胸をうつものがあります。

 悲し過ぎるけど、勇気を与えられもする本です。もし、私が本当に虐待が行なわれていることを感じたときに、思い出したい本ですし、きっとそのときまで心に残る本です。LenaとDion姉妹のみじめな思いを知るだけで終わる1冊ではないので、ぜひ読んでみて欲しいと思います。
posted by 作楽 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書(Age:9-12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック