2014年12月20日

「日本人のための日本語文法入門」

20141220「日本人のための日本語文法入門」.jpg

原沢 伊都夫 著
講談社 出版

 日本語を使っていても、他言語と比べたときの日本語の特徴を知っていたわけではないので、この本を読んで得るものは大いにありました。

 この本の冒頭で説明されていますが、日本語を使えるようになるために外国の方が学ぶ日本語文法とわたしたち日本人が学校で習った国語文法(学校文法)は、違うものだそうです。学校文法は、古典との継続性における形式的な面が重視されているため、言語学的な整合性に欠けているそうです。

 その意味するところは、章を経るごとに理解が深まるようになっています。

 また、学校で習った文法の難解なイメージに比べて、拍子抜けするほどすっと頭に入ってきます。それはおそらく理屈がとおっているから理解しやすいということだと思います。

 目から鱗が落ちたと思ったのは、文の構造のとらえ方です。文には、核となる述語、その述語と(基本的に)格助詞でつながった成分があるという考え方です。

 格助詞は、ヲ、二、マデ、ガ、ヨリ、カラ、デ、ヘ、ト(『鬼までが夜からデート』という語呂合わせで覚えられるそうです)の9つがあります。

 この格助詞のついた成分が文のなかで出現する順序は、厳密には決まっていませんが、述語によって必須成分と随意成分にわけられます。

昨日太郎が食堂で友達とラーメンを食べた

 上記の例文では「食べた」という述語には「太郎が」と「ラーメンを」という2つの成分が必須です。食べたは目的語を必要とするので、何を食べたかという成分と誰が食べたかという成分が必須で、残りのいつ、どこで、誰とをあらわす成分は随意というわけです。この文の構造の説明は、わかりやすいと思います。

 ここで、述語は登場したけど主語は? 「ガ」と区別が難しい「ハ」は格助詞に入らないの? などといった疑問をもたれた方には、ぜひ読んでいただきたい本です。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック