2015年01月24日

「なんとか生きてますッ」

20150124「なんとか生きてますッ」.jpg

大宮 エリー 著
毎日新聞社 出版

 著者のことを知らないのですが、雑誌の新刊レビューを見ておもしろいのではないかと思い読んでみました。

 読んでわかったことは、著者はエッセイを書くほか、ラジオ番組のパーソナリティをしたり、テレビ番組やコンサートに出演したり、個展を開いたり、とにかく多才で忙しい方のようです。その忙しい日常でひき起こしてしまった自らの失敗を中心に語ったエッセイです。

 プロがおもしろおかしく書いたわけですから、もちろんおもしろいのですが、なかでも母上とのやりとりが微笑ましく、読んでいて楽しい気分になれました。膝が悪い母上を思って娘が床暖房のある部屋を用意したのに、もったいないとそれを使わず室内でスキーウェアを着て過ごす母上。娘の部屋を訪ねる口実欲しさに洗濯をしてあげようと申し出るものの、ちょっぴり手抜きするつもりで"あること"をしてしまう母上。なんとなくエッセイに登場する以外の場面も想像できて、和みます。

 失敗してしまったあと、なんであんなミスをしたんだろうと落ち込んだときに読むといい本だと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック