2007年05月10日

「巨船ベラス・レトラス」

20070510[KyosenBerasuRetorasu].jpg

筒井 康隆 著
文藝春秋 出版

 読み終わって、最初に思い浮かんだことばが「私怨」。

 著者が作家として出版業界に身をおき続けていた中でのうらみつらみを、小説という形にぶっこんだ、という印象から出てきたことばでした。

 文学というひとつの学問が危ぶまれる状況に陥っている。それらの元になっているのは、一般読者の質の低下であり、若い10代の作家をもてはやし賞を与える社会の風潮であり、利益を追求するあまりそれらに追随する出版社の責任であり、人の作品に対して敬意を払わず著作権を認めない海賊版出版社のモラルのなさであり、その結果、貧乏くじをひいているのは、私のような文学作家である。

 そういう匂いを私は感じてしまいました。

 また、小説の中でメタフィクション、メタフィクションと強調されていますが、それも、最近の読者はレベルが低いから、こういう手法は知らないでしょ、だからわざわざメタフィクションであると親切に明記してあげるよ、という意味で、わざわざ書かれてあるのかとさえ、思いました。

 そういう技法を教えてくれるからいい作品と思う読者はいるのでしょうか。私が読者の代表のような表現はできませんが、私個人が求めているのは、読後に残るなにかです。おもしろかったという幸福感かもしれませんし、涙が出そうになったという感動かもしれませんし、私と同じという共感かもしれませんし、私なら言えないことをよくぞ言ってくれたという爽快感かもしれません。

 そういうものを求めている私にとっては、この「巨船ベラス・レトラス」は、楽しめる作品ではありませんでした。

 これだけ名の通った作家であり、私も子供の頃はよくSF作品を読ませていただいたので、どこか優れたところがあるはず、と思いながら考えても、この作品を人に勧めたいと思う部分を見つけられませんでした。

 著者の昔を懐かしみ、機会があれば、昔の作品を読み直してみたいと思います。

posted by 作楽 at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感想読ませていただきました。
私もこの小説には否定的です。
なんか褒めてる人も多い作品ですけど、ぶっちゃけたいしたこと言ってないですよね。
文学に対しても、差別やそのほかに対しても、語ってるのは比較的凡庸なことばかりだと思います。
大体、メッセージを全部そのまま書いちゃうのがそもそも「文学」としてどうなの? って感じです。
Posted by 宮 at 2009年04月08日 15:27
宮さん

コメントいただき、ありがとうございます。
わたしの周囲にも「これは実験的にすごいことをやってのけた作品だ。さすがだ」という意見があります。読者が求めるものが違えば評価も変わってくるのでしょうか。宮さんのご意見を伺うことができてよかったです。
Posted by 作楽 at 2009年04月10日 19:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック