2007年05月21日

「ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座」

20070521[YudayaKirisutoIsutamuShuchuKoza].jpg

井沢 元彦 著
徳間書店 出版
<<<<<
一神教から分かれた三つの宗教、できた順番にユダヤ教、キリスト教、イスラム教は、一神教の原理の中では、お互いの正義が違うために殺し合う。つまり、生命尊重の原理よりも正義が優先し、正義が優先するゆえに殺し合うことすら起こっているわけです。
 じつは、日本の今の教育を受けただけでは、かなりの高等教育を受けても、その理由はわかりません。明治以後の日本の近代化の中で、まず先進国に追いつき追い越せということが一番基本になっていたために、実際に役に立つ学問、機械工学、造船、冶金、建設、社会の仕組みである法律、保険といった実用的知識を求めることに汲々とし、その根源にあるものを考えようという意識があまりありませんでした。
>>>>>

 著者は、この本を書こうとした理由を上記のように説明しています。私は、高等教育などという以前に、勉強しない学生でした。そのため、著者が想定している以上に宗教やその歴史に関する知識を持ちませんが、それでもこの本はわかりやすく、自分の身の周りのことを理解する助けになってくれると思います。

 自分の身において、外国を思いうかべるとき、一番にあがるのはアメリカです。自分自身の仕事のこと、経済の問題、法律の問題、安全保障の問題。関心の度合いは違っても、数多くの面で気になる外国です。ただ、そのアメリカにおけるキリスト教の問題をどの程度わかっているかといわれると、ほとんど何もわかっていなかったといえます。知人のアメリカ人の多くがキリスト教信者であり、彼らが今生きている人生を、永い人生の一時期と捉える考え方さえ、何を指しているのか、理解できていませんでした。

 そんな私にとって、ゼロから教えてくれるこの本は、目から鱗と言えるほどのインパクトがありました。

 この本は、最初に著者が三つの宗教の流れを俯瞰的に述べ、中盤でユダヤ教、キリスト教、イスラム教のそれぞれの代表と呼べるレベルの方々と著者の個別インタビューを掲載し、最後に、著者の知人であるアメリカ在住の日本人と交わしたメールの内容が加えられています。

 著者の説明部分は平易なことばながら、その後の内容を理解するのに必要な知識を不足なく与えてくれます。

 また、中盤のインタビューは、それぞれの宗教者の自宗教の弁護というか他宗教に関わる人々に対する批判は、丁寧なことば遣いながら、テロや戦争へと発展していく要素を持っていることを感じざるを得ないものです。

 最後に登場する著者の友人は日本人だけに、日本における宗教をわかった上で、アメリカにおけるキリスト教を見ているので、私が一番理解しやすい部分でした。

 どれも興味深い内容でしたが、一部分だけを取り上げるとすれば、ふたつあります。

 ひとつは、宗教の問題をより難しくしているのは、宗教が政治や経済活動とも密接に結びついていることです。利権争いを外して宗教問題を扱えないと納得できました。それは、イスラム教の言い分としてインタビューを受けたドクター・ムサ・モハメッド・オマール・サイートが強調しています。

 そして、特に宗教に関心のない私から見るとそんなバカなと思うようなことに、高い価値を認めるよう信者の子供たちは育て上げられ、歴史は続いていくということです。たとえば、次のようなことです。
<<<<<
世界貿易センターに突っ込んだあのテロリストたちが、なぜ死を恐れなかったのか。それはコーランの教えを信じていたからです。異教徒を殺して殉死する者は即、「天のパラダイスに行って、七ニ人の処女を抱ける」との教えを。
>>>>>

 グローバル化が進む現代において、どの宗教がどういう歴史をもち、どういう影響を人々に与え続け、今なお強大な力をもっていることを、各人知っておくべきだと思います。もし私のように何の知識も持たない方がいらっしゃれば、強く勧めたい本です。
posted by 作楽 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(宗教・神話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック