2016年04月08日

「品のある人、品のない人」

20160408「品のある人、品のない人」.png

中谷 彰宏 著
ぱる出版 出版

 品よくするとはどういうことか、なんとなく理解できていても、いざ誰にでも頷いてもらえるよう説明するとなれば、とても難しいと常々感じています。

 それでそのヒントを得るべく読んでみましたが、やはり品を定義するのは難しいようです。この本では、こういうことは品がないという説明が並び、それらを避けていけば品よくなれるというアプローチがとられているようです。その限られた説明でさえ、そのとおりだと思うケースもあれば、首を傾げたくなるケースもあります。

 そういう視点で人を判断する人もいると参考にするのはよいと思いますが、やはり人の受け売りではなく、品よくするためには日々自分で考えていくしかないような気がしてきました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック