2016年07月28日

「さくら」

20160728「さくら」.png

西 加奈子 著
小学館 出版

「サラバ!」で直木賞を受賞した西加奈子の代表作として紹介されることの多い作品です。わたしとしては、同じく代表作として挙げられることの多い「きいろいゾウ」のほうが、好みです。

 理由は、ふたつあります。ひとつは、いまのわたしには少し賑やかすぎて重すぎた点です。生きていくのが大変な状況において人生とどう向き合っていくべきか、人を愛するということはどういうことか、たまたまマイノリティ側となったときにどうすべきか、といった、大切ではあっても簡単には答えが導きだせないことが詰め込まれていました。それも関西弁の「いちびり」ということばを思い出させるような賑やかさのなかで語られるので、重く感じられました。

 ちなみに「いちびり」は、市を振るから転じたようです。セリで値を促す際の騒々しさが元になっていることばです。賑やかでよいというニュアンスもありますが、調子に乗ったうるささが少しの不快感をともなっているというニュアンスもあります。ただ、普通のいちびりは目上から疎まれ一喝されたりしますが、桁外れのいちびりとなると賞賛の対象になったりします。

 理由のもうひとつは、主人公がどういう視点で語っているのか、よくわからない場面があったことです。主人公の立場では知りえないことが、時々(後日談といったふうでもなく)さらりと書かれてあり、とまどいました。

 ただ、ベストセラーになったのは、納得できました。手垢のついていない個性的の表現でこの作家独特の世界が広がっているのは「きいろいゾウ」と同じでした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック