2016年11月17日

「料理でわかるヨーロッパ各国気質」

20161117「料理でわかるヨーロッパ各国気質」.png

片野 優/須貝 典子 著
実務教育出版 出版

 国民の気質と料理の関係性に着目して、ヨーロッパ各国を紹介する本で、次の国が掲載されています。

 1. イギリス 2. フランス 3. オランダ 4. ベルギー 5. ドイツ 6. オーストリア 7. スイス 8. ギリシャ 9. イタリア 10. スペイン 11. ノルウェー 12. スウェーデン 13. ロシア 14. チェコ 15. ハンガリー 16. セルビア 17. クロアチア 18. ボスニア・ヘルツェゴビナ 19. マケドニア 20. トルコ

 地図上でココと指差すのが難しいほど馴染みのない国もありますが、なかには、聞きかじった話とここで解説されている内容が、つながるような国(オランダ、イタリア、スペインなど)もあります。

 オランダの場合、英語に "go Dutch" というフレーズに登場しますが、自分が飲食したぶんだけを自分で支払うこの方式は、日本でもランチのとき日常的に行なわれている方法です。しかしなぜ、この表現にオランダが選ばれたのでしょうか。その答えと受けとれるようなことが紹介されていました。

<<<<<
オランダでは午前10〜11時と午後7〜8時の1日2回、コフィテイトと呼ばれるコーヒータイムがあり、このときコーヒーと一緒にビスケットを出す習慣がある。ホストがビスケットの缶のフタを開けて回すと、ゲストは順番に1枚ずつ取る。このとき間違っても2枚取ってはいけない。1人につきビスケット1枚、これはオランダ人が長い歳月をかけて培った暗黙のルールで、ここにオランダ人の心が凝縮されている。他方、カトリックが主流のオランダ南部では、2枚以上食べてもとがめられることはない。
>>>>>


 南部以外のオランダでは、2枚目のビスケットが咎められるようです。ほかのどこの国でもなく、"go Dutch" となったのが頷ける気がします。

 次。イタリアの場合、イギリス人が "Oh, my God"(「おお、神よ」)と発するであろう場面で、イタリア人は "Mammma Mia" (この本では、「ああ、おっかさん」と訳されています) と叫んでしまうと説明され、溺愛されて育った息子は概してマザコンであり、奥さんの前でも「マンマのパスタが一番美味しい!」と、のたまうとか。

 最後。スペインの場合、冷製スープの「ガスパッチョ」のレシピが紹介されたあと、次のように続きます。

<<<<<
スペインでガスパッチョが重宝がられるのは、別の理由がある。仲間意識が強く、集団行動をとるのが大好きなスペイン人は、レストランで食事をする際も大勢でわいわいやりたがる。しかし、時間にルーズな人々は三々五々とやって来るので、全員がテーブルに着くのはそう簡単なことではない。さんざん待たされた挙句、料理まで待たされたのではやり切れない。そこでスープは、すぐに出せるガスパッチョが尊ばれる。とりわけ国民料理のパエリアなどは、素材だけそろえておけば、あとは火にかけて20分間待つだけでいい。概して、スペイン料理に簡単調理が多いのは、スペイン人気質と無関係ではない。
>>>>>

 似たような視点で、アジア各国の料理と国民性を紐づけた本もあれば面白いと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(欧米文化) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック