2016年12月10日

「台湾生まれ 日本語育ち」

20161210「台湾生まれ 日本語育ち」.png

温 又柔 著
白水社 出版

 著者の名前を読めませんでした。それを見透かすかのように著者は、最初にこう自身を紹介しています。『「おん・ゆうじゅう」と言います。/続けて言うと「おんゆうじゅう」。/ちょっぴり、おまんじゅう、に似ているのが自慢です。』

 著者は、台湾生まれ。父親の仕事の関係で3歳からずっと日本に住み、日本での永住権を得て日本に暮らし、日本で生まれ日本で育った日本国籍を有するひとたちと同じように日本語を操ります。しかし、日本語を自らの母国語と呼ぶのを躊躇う気持ちがあります。このエッセイは、そんな違和感のような気持ちの揺れをいろんなできごとを通して抽出したものです。

 父親が転勤したり、父と母で国籍が違ったり、さまざまな状況で著者と同じような状況におかれたひとは多いと思います。そのひとたちと著者のケースに少し違いがあるとすれば、日本が国籍と言語の範囲がほぼ重なりその境が海でわかりやすく区切られていること、著者がことばを仕事とする小説家であること、宗主国であった日本から押しつけられた結果として流暢に日本語を話す祖父母をもつことなどです。

 とりわけ、彼女の着眼点の鋭さや表現の豊かさにより、彼女の気持ちのひっかかりが、日本で生まれ育ったわたしにも、いくばくか理解できました。それと同時に、これまでずっと、ひとつの言語に頼ってきた自分をいつもと違った目で見ることができました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック