2017年02月09日

「少年少女」

20170209「少年少女」.jpg

アナトール・フランス 著
三好 達治 訳

 ある女性が愛読書として紹介くださったので読んでみました。

 100ページほどの本に19編収められているので、どれも小品です。すべての虚飾がとりのぞかれたような清楚さを感じる文章です。詩人が訳した作品だけに、声に出して読むのがふさわしいような流れがあります。

 表紙には、「また明日を生きようとする少年少女には、優しい有益な忠告を与えてくれるのである」とあります。その忠告はどれも、大人になってみれば、ごく自然に受け止められることばかりですが、小さな子供たちには知らせたくないような苦い面をもった内容がほとんどです。

 この本を勧めてくださった女性は「学校」という作品で、このアナトール・フランスを知ったそうです。その「学校」では、次のような一節があります。学校の成績でいい点数を得た少女が母親にいい点数が何に役立つかを聞いている場面です。

<<<<<
「いい点数は、何かの役にたつというような、そんなものではありません。しかしそれだから、いい点数をもらったことを喜ばなければなりません。お前も今に、一番貴いご褒美は、ただ名誉だけが与えられて、それから受ける利益はない、そんなご褒美だということがわかるようになるでしょう。」
>>>>>


 頑張っていい点をとっても役立つことなど何もないと言い切る大人に、子供を対等に見る視線を感じました。子供を見下ろし「大きくなったらわかることだし、今は頑張ったらいいことがあると言っておこう」という姿勢は微塵もありません。思わず、「問いつめられたパパとママの本」を思い出しました。

 わたしが一番共感できた作品は「ファンション」。ファンションが小鳥にパンを分け与える場面で、ファンションは、どの小鳥にも平等にパンを与えられないことに気付き、注意します。

<<<<<
 けれども彼女のいうことはいっこう聴きいれられません。正しいことを言い出した時には、滅多に耳を藉してもらえないのが世の常です。彼女はいろいろと工夫をこらして、弱いものたちを引き立ててやり、臆病なものたちに加勢してやろうと試みました。が、どうもうまくはゆきません、どんなふうにやってみても、やせたものたちをさしおいて、肥ったものたちに食べさせることになるのです。それが彼女を悩ませました、彼女はまだほんの単純な子供だったのです、これが世間の常だとは、彼女には思いも及ばなかったのです。
>>>>>


 静かに真を伝える文章に大人の優しさを感じました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック