2017年02月07日

「できる翻訳者になるために プロフェッショナル 4 人が本気で教える 翻訳のレッスン」

20170207「翻訳のレッスン」.png

高橋 さきの/深井 裕美子/井口 耕二/高橋 聡 著
講談社 出版

 ダン・ブラウンなどの翻訳で有名な越前敏弥氏が、ある書店のトークイベントに登壇されたとき、(あくまでわたしの物差しで)鋭いご指摘(質問)をなさった方がいらっしゃいました。それが、座談会形式のこの本に登場する 4 人のうちのひとり、井口氏です。

 そのトークイベントが記憶に残っていたので、この本に興味を覚え、読んでみました。4 人は各々、受注する仕事の内容が違うそうです。そのせいかどうかわかりませんが、本書は、特定の分野に限らず、翻訳という業務のあらゆる方面に通用する話題が中心となっています。それはそれで魅力的なのですが、掘り下げられた内容とは言い難いと思います。

 ただ、翻訳に付きものの調べ物に役立つリファレンスの情報が期待以上に掲載されていて、役立ちました。また、井口氏ほどの方でも翻訳スキルをブラッシュアップするために、仕事をする際、決めたテーマ(たとえば、助詞の「は」を極力減らす、読点を極力減らすなど)に意識を集中させ、日本語の使い分けの感覚を習得するといったことを実践されているという話を読み、まだまだ先は長いという実感がわいたことは収穫でした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446600914

この記事へのトラックバック