2017年02月10日

「万年筆で極める美文字」

20170210「万年筆で極める美文字」.png

青山 浩之 著
実務教育出版 出版

 わたしの親しい友人が、かなり万年筆に凝っていて、廉価なものから高価なものまで、100本とまではいかなくとも、かなりの数を揃えています。それで、タイトルの『万年筆』が目につき、万年筆の魅力を知りたくて読んだ次第です。

 コレクションしたくなるほどの魅力が万年筆のどこにあるのか知りたいという軽い気持ちだったのが、読み終えたときには、わたしも少し練習すれば、万年筆で綺麗な文字が書けるような気がしたのが、意外でした。

 本書では、『表情の豊かな文字』が書けることを万年筆の魅力としてあげています。微妙な力加減やスピードの違いによって、文字に濃淡が出て、文字に表情があらわれるというのです。説得力のある実例が添えられています。

 しかも、『美文字』を書くためのルールを絞り、簡潔に説明しているので、なんとなく実践できそうな気がしてきます。

(A) すき間均等法
 文字を書くとき、線ばかりに意識を向けてしまいますが、すき間の大きさも注意する必要があります。たとえば禾編では、線に区切られるすき間が6箇所あり、このスペースを同じにすれば、バランスがとれます。
(B) 中心線串刺し法
 文全体としてバランスをとるには、漢字とかなで大きさを変える必要がありますが、それぞれの縦の中心線を合わせると見栄えがよくなります。
(C) 手首固定法
 手首を机につけることにより、安定して一画一画を書けるようになります。

 文字を丁寧に見せるルール(ただし、楷書に限定)もあります。
(a)「ピタ」のルール
 横画の最後を筆圧を加えて「ピタ」と止めれば、整った印象になります。
(b)「カク」のルール
 折れる部分は、横画の終わりで、いったん力をゆるめてからコブができるくらいしっかり押さえて折ることで、丸く書いた角にはないメリハリがうまれます。たとえば『口』の右上の折れなどに使えます。
(c)「ピト」のルール
 つけるべきところを筆圧をかけてしっかりつけると、きちんと感がうまれます。たとえば『目』のあいだの二本をきちんと左右につけると乱暴に書いたようには見えません。

 文字ひとつひとつの書き方を覚えるのではなく、多くの漢字に当てはまる基本ルールを覚えるよう説明されているので、きれいな字を書くのはそう難しくはないように思えてきます。実際は、難しいのでしょうけれど、少し意識するだけで、かなり違う印象の文字を書けそうな気はします。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック