2017年02月11日

「日本人の英語」

20170211「日本人の英語」.png

マーク・ピーターセン 著
岩波書店 出版

 1988年初版のこの本は、ロングセラーと呼べると思います。わたしが読んだのも、20年以上も前のことです。当時、英語のことを何も理解できていなかったと思うほど驚いたことを覚えています。

 再読して思ったのは、かなり細かく覚えていた内容は、当時どころか現在も苦手とする分野でした。それは、この本の最初に登場する冠詞です。中盤以降の前置詞や時制・相については、説明されている内容がすんなりと理解できる部分も多いのですが、それでも身につかず忘れてしまっていた部分もありました。

 冠詞で、いまもそこまで読めていないと思った例文は、次のようなものです。

<<<<<
In April, I introduced the coach of my tennis club to an ex-wife of my brother, and by June the two were already married. (4月に、私のテニス・クラブのコーチを、弟の離婚した妻に紹介したが、6月になったら、二人はもう結婚していた。)
>>>>>

 この文の冠詞を見て、(1) 私のテニス・クラブには、コーチがひとりしかいないこと、(2) 弟は少なくとも二回は離婚していること、この2点がわかります。ただ、問われると考えてわかりますが、さらっと読んで、そう認識することはできません。

 また、定冠詞の使い方では、He is interested in the painting pictures. は、誤りとあります。単に "the" をとるか、He is interested in the painting of pictures. とすれば良いそうです。つまり、painting of pictures と painting pictures には明確な違いがあることになります。前者は、of があるから、painting と pictures は修飾関係にあり、house painting (家のペンキ塗り) ではなく、picture painting (絵を描くこと) だと、painting の意味の範囲が限定されている、そう著者は説明しています。いっぽう後者は、pictures が painting の「目的語」にすぎず、修飾関係ではないので、十分な限定にならないそうです。このあたりの『限定』されているかいないかの判断は、わたしにとって難題です。

 上記で要となっている of のような前置詞は、大きな役割があるにもかかわらず、わたしは意外と見過ごしてしまいます。

<<<<<
He is out of it today. (今日、彼はどうかしている。)
He is off of it today. (今日、彼は調子が出ない。)
>>>>>

 off は、out に比べ、相対的に位置が近いというか、距離が短いというか、そういうニュアンスがありますは、こうして並べられると意識しますが、普段はできていません。

 日常的に英語を使っているだけに、情けないかぎりです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446789358

この記事へのトラックバック