2017年02月24日

「翻訳夜話」

20170224「翻訳夜話」.jpg

村上 春樹/柴田 元幸 著
文藝春秋 出版

 柴田氏が大学で開いている翻訳の授業に村上氏を招き、学生の質問に答えながら対談したことをきっかけにできた本だそうです。そのほか、翻訳家を志望する人たちや若手翻訳家を前に対談した内容も収められています。

 それらの対談以上に面白かったのは、村上氏が翻訳して出版された短篇(レイモンド・カーヴァーの「収集」。原題は「Collectors」)を柴田氏も新たに翻訳して比べられるようにしてある章です。逆バージョンもあって、柴田氏の既訳(ポール・オースターの「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」。原題は「Auggie Wren's Christmas Story」)と村上氏の訳しおろしも比べられます。しかも、両氏がそれぞれの違いに驚きつつ、それぞれの訳にコメントなさっている部分が対談中にあって、読んでいて贅沢な試みだなと思いました。

 しかも、それらの短篇が作品としておもしろく読めるものなので、行きつ戻りつしながら、英文、村上氏訳、柴田氏訳と何度も目を通しても飽きませんでした。村上氏の訳もそれだけで読むと、何の違和感もなく楽しく読めるのですが、重箱の隅をつつくように細かく柴田氏訳と比べて読むと、柴田氏訳のほうがわたしの好みにあう部分がわずかに多かった気がします。たぶん、カタカナ英語の取り入れ方など、些細なことでありながら馴染まない箇所が村上氏訳にあったのだと思います。そういう自分の好みの発見もあって、これだけ読者を楽しませてくれる試みもそうはないのではないかと思いました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック