2017年02月25日

「聖エセルドレダ女学院の殺人」

20170225「聖エセルドレダ女学院の殺人」.png

ジュリー・ベリー (Julie Berry) 著
神林 美和 訳
東京創元社 出版

 物語の舞台は、1890年のイングランドのイーリー。聖エセルドレダ女学院というのは、大きな屋敷に住む未亡人が自ら校長をつとめ、たった7人の女生徒を引き受ける寄宿学校(フィニッシングスクール)です。

 わたしが好きなコージーミステリだと思って読み始めたものの、すぐさまその展開にとまどってしまいました。タイトルにあるとおり、寄宿学校で殺人が起こったのですが、女生徒たちは遺体を見つからないように埋め、殺人があった痕跡を隠そうと躍起になり、次から次へと嘘を繰り出していくのです。『素人探偵はどこに?』そんなわたしの疑問をよそに、ありえない幸運に次から次へと恵まれた生徒たちは、おとなのいない学校生活を続けます。そんななか、7人の生徒のうち、リーダーシップを握る生徒が財務責任者に、最年少の生徒が探偵に仲間内から任命されます。その12歳の探偵に調査らしいことができるはずもなく、物語はどんどん進み……。

 嘘に嘘を重ねる生徒たちが一番会いたくない人が大詰めに登場し、あらたな悲劇が起こり、物語がどこに向かっているのか、予想もつかなくなったところで、しゅるしゅると大団円へと収束していきました。意外性に満ちてはいましたが、消化不良を起こしそうなシュールな流れについていけませんでした。コージーミステリでも、もう少しリアリティが欲しいと思う筋書きだったので、この続編が出されても読むことはないと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447255836

この記事へのトラックバック