2017年02月26日

「海外ドラマDVD英語学習法」

20170226「海外ドラマDVD英語学習法」.png

南谷 三世 著
CCCメディアハウス 出版

 タイトルのとおり、海外ドラマをDVDで鑑賞して英語を学ぼうというコンセプトです。することは至って簡単。自分が英語を使う場面や興味に基づきドラマを選び、DVDの字幕(英語・日本語)と音声(英語・日本語)を切り替えつつ見るというもの。

 DVDのシーンごとに(エピソードごとではなく)次を繰り返すそうです。
1回目:英語音声・字幕なし
2回目:日本語音声・日本語字幕
3回目:英語音声・英語字幕

 1回目は、一般的にネイティブがドラマを見るのと同じ条件(内容についてまったく知らない状態)で見て、どの程度聞き取れるのか、つまり、聞き取れなかったのは、どういうところなのか、自らの弱点を分析します。著者はこのパートを、テストと読んでいます。

 2回目は、1回目がテストなら、その答え合わせにあたる部分です。ドラマの内容を把握し、自らの理解が間違っていたのなら、なぜ(どのように)間違っていたのか考えます。

 3回目は、自分がわからないと思ったところは都度、再生を一時停止して、意味を調べたりしながら、理解を深め、自分なりの言葉のデータベースを構築します。著者がお勧めしているデータベースは、次のような項目で成り立っています。

−作品のタイトル(ドラマならばシーズン番号とエピソード番号を含む)
−DVDでそのセリフが出てきた時間
−セリフの発言者(誰のセリフか)
−セリフを言われた相手(聞き手)
−英語のセリフ
−DVDの日本語訳
ー英語の直訳

 わたしは、串刺し検索できる辞書ツールを使っていて、そこに自分で作ったユーザー辞書も加えています。その経験から、これらの項目は、著者がデータベース作成後、実際に使いながら、これらの項目をカスタマイズされたのが、なんとなくわかるので、貴重な情報だと思います。

 わたしなら、刑事ドラマかミステリで、この方法を試してみたいです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447265600

この記事へのトラックバック