2017年03月08日

「考えるシート」

20170308「考えるシート」.png

山田 ズーニー 著
講談社 出版

 この本の読者層を考えずに読んでしまいました。読者層として最適なのは、学生を中心に、社会人二、三年目くらいでしょうか。もちろん、社会人十年目でも、接客中心で、文章を書いた経験がないという方も含まれると思います。

「書くように言われたから、とりあえず書きました!」というレベルではなく、相手を動かすつもりで何かを書くなら、あるいは何かを話すなら、こういった準備が必要だというサンプル(考えをまとめるシートと使い方)がいくつか掲載されています。

 プレゼンテーション資料を作ったり、企画書を書いたり、そういった実務経験が豊富な方々には、必要のない本です。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447516939

この記事へのトラックバック