2017年04月19日

「Lean UX ― リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン」

20170419「Lean UX ― リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン」.png

ジェフ・ゴーセルフ (Jeff Gothelf) 著
ジョシュ・セイデン (Josh Seiden) 編
児島 修 訳
坂田 一倫 監訳
オライリージャパン 出版

 次の2点に関する他社事例が見つけられないかと思い、この本を読んでみました。

1. アジャイルとユーザー体験の統合事例

2. ユーザー体験のグローバル展開

 1. については、ある程度具体的な例が紹介されていました。スプリントも一般的な2週間なのですが、デザイナーも開発者も全員がすべての活動に参加することが要求され、想定される規模としては、やはり『リーン思考』にフォーカスしているだけに、スタートアップに近い製品に限定される気がしました。ある一定以上の成熟度合をもつと、ここで目指すMVP(実用最小限の製品)から外れ、プロセスを適用する難易度がぐっと上がるのではないでしょうか。

 2. については、まったく触れられていませんでした。やはり、スタートアップなどに最適な『リーン』を考えると、グローバル展開を前提とするのは、的が外れているのかもしれません。

 わたしにとって参考にはなりませんでしたが、生産性向上の観点から、実のある手法だとある程度納得できましたが、チームが一か所に集まり、同じ時間帯に働くという条件を満たすこと自体が、やはりスタートアップ向けに思われました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449116991

この記事へのトラックバック