2017年06月10日

「邂逅 (シドニー州都警察殺人捜査課)」

20170610「邂逅」.png

キャンディス・フォックス (Candice Fox) 著
冨田 ひろみ 訳
東京創元社 出版

 転属してきた男性刑事の視点で語られる現在の捜査、その男性刑事を相棒として迎えた女性刑事の過去、両刑事が追う犯人とその被害者の動き、その3つの軸で展開します。

 カットバック手法で描かれる女性刑事の過去は、警察官として登場したあとに読むには、驚くほど意外な内容です。その影響で読む側の感覚が麻痺するのか、凄惨な現在の事件のインパクトが弱まったように感じられるほどです。また、女性刑事の個性が強く、いろいろな問題を抱えている男性刑事でさえ相対的に霞んで見えてしまうほどです。

 警察小説で、捜査が進行している事件よりも刑事の過去にスポットが当たり、事件を語る刑事より相棒の刑事の個性が際立っているのが気になりつつ読み進めると、最後の最後で、この本のタイトル「邂逅」の意味がわかる仕掛けになっています。この一冊全体が序章といってもいいのかもしれません。

 警察小説だからといって、勧善懲悪やわかりやすい正義を期待すると、その期待が裏切られるタイプの作品だと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450602720

この記事へのトラックバック