2017年07月13日

「楽園 (シドニー州都警察殺人捜査課)」

20170713「楽園」.png

キャンディス・フォックス (Candice Fox) 著
冨田 ひろみ 訳
東京創元社 出版

邂逅」の続編で、前作と同じくカットバック手法がとられています。前作では女性刑事エデンと兄の過去が明らかになりましたが、今作で明らかになるのはエデンの養父ハデスの過去です。そして前作同様男性刑事フランクの視点で現在の事件捜査が語られます。

邂逅」のときも、型に嵌らない展開にとまどったのですが、今作もその点は同じです。警察を舞台にした小説でありながら、警察官が公務として追う事件よりも警察官が個人として追う過去や悪人に重きがおかれています。それは、警察官という公僕であっても、理不尽な目に遭えば憤りを覚えるひとりの人間だということを突きつけ、正義とは何か、善と悪の線引きはどこにあるのかを問う意図があるのかもしれません。

 あと特徴的なのは、このシリーズは、一作一作がいちおう完結していても、連続ドラマのように各作品の最後に思いもかけない展開があり、それが次の作品でどうつながるかが気になるよう作られていて、シリーズの途中から読んだ場合、その世界に入り込めないようになっています。シリーズ作品では、シリーズ全体がぶどうの房で、一作が一粒のぶどうに当たり、どの一粒を取っても楽しめるようになっている場合が多いのですが、このシリーズはそうなっていません。読む場合は、第一作の「邂逅」から読み始めることをお勧めします。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451282566

この記事へのトラックバック