2017年09月22日

「アメリカ銃の謎」

20170922「アメリカ銃の謎」.png

エラリー・クイーン (Ellery Queen) 著
中村 有希 訳
東京創元社 出版

 数十年ぶりにエラリー・クイーンシリーズを読みました。夢中になって読んでいた学生のころを思い出しながら読み、もっとも懐かしいと感じたのは、『読者への挑戦状』で、もっとも違いを感じたのは、エラリーの若さです。

『読者への挑戦状』とは、作者はフェアプレイに徹し、読者にも謎解きをするエラリーと同じだけの手がかりを与えてきたのだから、読者もエラリーと同様に謎を解いて犯罪の形を突きとめることができるはずだと挑戦するもので、謎解きが始まる前に差しはさまれています。その『読者への挑戦状』を読むたび、きちんと手がかりを拾えなかった自分にがっかりし、そのあとの謎解きを読むたび、人々の言動ばかりに眼がいってモノに対する観察を怠ったことを思い知ったものですが、今回もまったく同じ感想を抱きました。変化のない自分を情けなく感じたものの、昔と変わらず謎解きを楽しめました。

 昔とは違って見えたのは、学生のころ、眼光鋭いオトナに見えていたエラリーが、数十年経って自分が老いたいま、細かい観察力を持つ青年に見えたことです。時の流れを痛感しました。

 今作では、2万人の観客の眼の前で殺人事件が起こり、その凶器は銃と判明します。犯人も手口も不明という謎だらけの殺人事件なのですが、最大の謎は、2万人の観客の身体検査したり、犯行現場となったザ・コロシアム(ニューヨーク)を隈なく捜索したりしても、凶器の銃が見つからなかったことです。

 最後の謎解きで、どのように凶器が持ち出されたのか判明するのですが、それは、犯人が誰かわからなければ、辿りつけない答えで、その犯人は、わたしが一番最初に犯人から除外した人物でした。あまりにあっさりと作者に騙されてしまい、小気味よいくらいでした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]