2017年10月29日

「日本語の古典」

20171029「日本語の古典」.png

山口 仲美 著
岩波書店 出版

 奈良時代の「古事記」から江戸末期の「春色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)」まで、作品中に使われていることばに注目しながら、古典名作を紹介しています。

 著者が選んだ『ことば』という切り口で見たとき、もっとも驚いたエピソードは、「古事記」です。『ねぐ』ということばが取りあげられているのですが、これはのちに『ねぎらう』を派生させたことばです。

 景行(けいこう)天皇がヤマトタケル(幼名:オウスノミコト)に「何(なに)とかも汝(なむち)が兄(え)の朝夕(あしたゆふべ)の大御食(おほみけ)に参(ま)ゐ出(い)で来(こ)ぬ。専(もは)ら汝ねぎし教(をし)え覚(さと)せ」と言いました。「どうしてお前の兄は朝夕の食膳に出て来ないのか? よくお前からねぎらい教えさとしなさい」という意味だそうです。この兄は、オオウスノミコトのことですが、このあと弟に殺されてしまいました。なぜなら、弟が『ねぐ』をそういう意味にとったからです。著者は、ヤクザ仲間や運動部で「かわいがる」と言うと「痛めつける」「しごく」ことを意味するのと同じように、オウスノミコトが『ねぐ』を痛めつけて始末する意味にとったと説明しています。

 怖い話です。痛めつけた結果の傷は癒えても、殺してしまっては取り返しがつきません。それだけに、オウスノミコトの気性がよく伝わってきます。

 ほかにも、古典が数多く登場しますが、翻訳に関係する印象的な古典がふたつありました。ひとつは「伊曽保物語」です。わたしの学生時代の成績は、目も当てられないほどだったので、これが「イソップ物語」の翻訳で、しかも1593年刊行と、江戸時代より前に訳されていたとは知らず、驚きました。

 もうひとつは、「解体新書」の翻訳をしたとされる杉田玄白が書いた「蘭東(らんとう)事始」(一般的に「蘭学事始」として知られている書の原書名)です。「解体新書」のクレジットには、杉田玄白の名しかありませんでしたが、実は、杉田玄白にとって師と呼べる前野良沢が翻訳において最も大きな役割を果たしていました。その結果、前野良沢との関係が壊れてしまい、杉田玄白は、この「蘭東事始」で「解体新書」の経緯を詳らかにしたかったのではないかと著者は、解説しています。

 この著者の解説を読めば、ふだん接することのない古典も、おもしろい読み物に感じられました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]