2017年12月21日

「犯罪は老人のたしなみ」

20171220「犯罪は老人のたしなみ」.png

カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ (Catharina Ingelman-Sundberg) 著
木村 由利子 訳
東京創元社 出版

老人たちの生活と推理」や「氷の女王が死んだ」と同じように老人ホームに住むお年寄りたちが主人公なのですが、受ける印象は、かなり違っています。

「老人たちの生活と推理」で始まるシリーズの老人ホームは、アメリカのサンディエゴ近郊にあり、この作品のほうは、スウェーデンのソーデル(ストックホルムから車で半時間ほど)にあるという地理的な違い以上に大きな違いは、「老人たちの生活と推理」が高級老人ホームを舞台としているいっぽう、こちらは庶民的な老人ホームのようです。

 庶民的な老人ホームのようです、などと書くと、自信がないように見えますが、実際に自信はありません。なにしろ、この庶民的な老人ホームの経営者が変わったことをきっかけに、入居者であるお年寄りたちは、自分たちの老人ホームに比べて、刑務所のほうがいい暮らしをできるなどと思い始めるのですが、主人公のメッタは、老人ホームで2DKの部屋に住んでいます。なんとも羨ましい話だと思ってしまうのは、わたしだけでしょうか。

 しかし、スウェーデンの解放刑務所と呼ばれる刑務所の待遇は、たしかに悪くありません。監視付きとはいえ、外出もできます。これはスウェーデンの一般的な話なのか、あくまでもフィクションなのか、気になったくらいです。

 そしてタイトルにあるとおり、お年寄りたちは犯罪に手を染めてしまいます。しかし、なぜか憎めず、犯罪にかかわる前よりずっと元気になったお年寄りたちをつい応援してしまいました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]