2018年03月26日

「言葉と発想」

20180326「言葉と発想」.png

伊藤 笏康 著
放送大学教育振興会 出版

逆転の英文法」と同じ著者の本です。こちらでは、わたしが英語で苦手とする冠詞について、発見がありました。内包と外延という概念さえ理解できれば、定冠詞の理解が深まる内容だと思います。内包と外延は、広辞苑第六版で次のように説明されています。

内包……概念の適用される範囲(外延)に属する諸事物が共通に有する徴表(性質)の全体。形式論理学上は、内包と外延とは、反対の方向に増減する。例えば、学者という概念は、哲学者・文学者・科学者・経済学者などの学者の全種類を包括するが、学者という概念に「哲学研究」という徴表を加えると、内包はそれだけ増加し、外延は反対に減少する。

外延……ある概念の適用されるべき事物の範囲。例えば金属という概念の外延は金・銀・銅・鉄などである。

≪the の用法≫

1. 個体を指す場合

外延をあらわす名詞から特定の個体を取りだすというか、指し示すために定冠詞が使われるケースです。

1-1. 以前の文脈から一つに決まる個体を指す

He saw some hats …… He thought about the hats.
(帽子がいくつか彼の目にとまりました。……彼はそれらの帽子のどれを買うか考えました)

about the hats といったときの the hats は、He saw some hats の hats だと文脈からわかる例で、わたしが the の使い方を思い浮かべるとき、一番に思いつくものです。

1-2. 日常文脈で一つに決まる個体を指す

Take this paper to the president.
(この書類を社長にもっていってくれ)

社員がこの一文で指示を受けたときに指す社長は、自社の社長です。言わずとも暗黙でわかる文脈から特定され、the が使われています。実は、the sun、the moon などもここに分類されるそうです。この世にひとつしかないものには定冠詞を使うと教わりましたが、それは誤りで、その根拠は、ギラギラした太陽のことを a glaring sun、何と美しい太陽かと感嘆するときは、What a beautiful sun! というように、不定冠詞を使う例があることだそうです。

1-3. いきなり 'the' を使い、文脈を確認する

たとえば、ゴルフコンペで、

He'll hit the ball into the trees.
(あいつこの球を林に入れるぞ)

となれば、the ball は当然「彼がこれから打つ球」だし、the trees は「このゴルフ場の林」だと分かるから、the が使われています。the があることによって、いまのこの状況の話だと気づかされることになるというのです。わたしにとっては、1-2. との違いが曖昧なのですが、それでも考えれば、使えそうな the です。

1-4. 初出の 'the' を繰り返して使い、新たな文脈を作る

この項の使い方は、わたしがいままで意識したことがなかったものです。

The mom should stay home, and the dad should work.
(お母さんは家にいて、お父さんは仕事に行くのがほんとうだ)

mom も dad も、初めて登場するときから the がつけられています。そうすることによって、the mom と the dad は同じ家庭のおとうさんとおかあさんだとわかり、家庭の一般論を述べているという文脈ができあがります。こういう使い方を思いつくのは難しそうですが、これらの定冠詞を不定冠詞に置きかえてみると、違う家庭のおとうさんとおかあさんがペアになることも考えられるため、おかしくなり、やはり定冠詞を使うべきだとわかります。

The kind of curve that the pitcher must give the ball so that it will change its course just in time to baffle the stroke of the batter would be a matter of very interesting scientific research.
(バッターのスイングの瞬間に合わせてコースを変え、空振りを取れるボールを投げるために、ピッチャーは球にどんな種類の変化を加える必要があるのか。これは科学的研究の立派な対象となる)

このなかの the はすべて初出だそうです。こうして繰り返されると、英語の原則を知っている人は「新たに出てきた the の名詞群をひとつの文脈で理解しようと」考えるそうです。そして、the kind of curve、the pitcher、the ball、the stroke、the batter をつなぐひとつの文脈ができあがり、「ピッチャーが球を投げ、バッターが打とうとする」場面 (文脈) が作り出されるというわけです。しかもこの文は一般論を述べたものであり、これらの the が現実の人やモノを特定しているわけではないこともわかります。

2. 概念を指す場合

2-1. 概念の内包を、一つの典型的な個体に託して表す

日本語で「左甚五郎はほんとうの職人だね」というとき、左甚五郎はいちばん優秀な職人だといいたいわけではなく、「職人らしい職人」「職人を絵に描いたような人」だといいたいわけです。これにあたるものが次のような文です。

Beer is the drink for hot weather.
暑いときの飲み物はビールだね

He is the quite the English gentleman.
彼は英国紳士そのものだ

この彼は、英国紳士がもつべき性質、つまり「英国紳士」の内包を完璧に備えています。そしてこの the は「典型の 'the'」になります。典型の 'the X' とは、
(a) 'X' 概念の内包を完全に備えている個体を指定して
(b) それを 'X' の権化と考え
(c) いくつもある 'X' の代表とする
ものといえます。

2-2. 概念の外延 (集合全体) を一つの個体として指す

The Russians have the largest reserves of natural gas in the world.
ロシアには天然ガスが世界でいちばん多くある。

Americans should know the Russians.
アメリカ人はロシア人を知るべきだ。

上記の『初出の 'the' +複数名詞』というかたちは、概念の外延を個体として語っています。「ロシア人」をひとくくりにして、「ロシア人全般」「ロシア人というもの」と平板化して一律に扱っているため、ロシア人とせず、ロシアとしたほうが自然な訳になることがあります。また、差別的な表現になることもあるそうです。具体的には、Americans should know the Russians. という文の Americans には、具体的な人間が複数いるイメージがあるいっぽう、the Russians は十把ひとからげで「ロシア人というもの」という意味になっていて、その使い分けが人の扱いの差としてあらわれています。

そう説明されて初めてその差に気づくレベルなので、この『初出の 'the' +複数名詞』を使えそうにはありませんが、せめて見かけたときに気づけるようになりたいと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]