2018年05月10日

「ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ」

20180510「ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ」.png

アンジー・トーマス (Angie Thomas) 著
服部 理佳 訳
岩崎書店 出版

 スターという名の 16 歳の高校生の視点で進むので、読み始めてすぐは、彼女が暗に告げている内容を拾えないのではないかと感じたのですが、少し読み進めると、わたしが理解できないかもしれないと思った原因は、世代の差ではなく、昔ほど表だってはいないものの依然現代のアメリカに残る人種差別やその背景の認知力の差だとわかりました。そしてさらに読み進めると、生まれも育ちもゲットーながら、両親の必死の努力もあり富裕層の子供たちに交じって高校に通っているスターの葛藤がはっきりと伝わってきました。

 いわゆるヤングアダルトに分類される作品ですが、非現実的なハッピーエンドではありません。葛藤と向き合ったスターは、自ら声をあげ行動を起こし何かを変えるため前に進むこと、世間一般のものさしではなく自らのものさしで判断し取捨選択すること、価値観を共有できる仲間であれば肌の色や貧富の差からくる溝を埋められる可能性があること、そういった数々のことがらを学び、成長しますが、厳しい現実に直面することもあります。

 ゲットーにいる自分と富裕層に交じっている自分を使い分けながらも、その自らのギャップにとまどう気持ちに共感できましたし、また人種差別をいますぐ無くすことはできなくても、自分が変われば周囲を変えることができるといった明るさに爽快感を感じました。
posted by 作楽 at 19:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]