2018年05月21日

「首都圏大震災」

20180521「首都圏大震災」.png

牧野 武則 著
幻冬舎 出版

 いちおうフィクション作品ですが、著者が大学教員なので、人物や心理の描写に小説らしさはありません。内容においても、過去 (この本の出版は 2018 年 2 月) のできごとは事実がもとになっていて、タイトルの首都圏大震災のみがフィクションのように見受けられます。

 南海トラフ地震に関する情報が気象庁から発表されたといった報道に接することはあるものの、どのように観測し、予測しているか、具体的にイメージしたことがなかったのですが、この本を読むと、そのあたりのことがよくわかります。

 観測地点を決めたり、集めたデータの分析方法を決めたり、技術面での難易度が高いだけでなく、技術を有した数少ない人材を確保したり、そのための予算をうまく確保するといった調整面での難易度も高いということが理解できるよう工夫されています。

 ただ恐ろしいことに、この作品では、首都圏のビルが倒壊し、高速道路や鉄道が不通になり、証券取引所など経済の中心となっている都心でも被害が発生する大規模な地震が起こってしまいます。

 この本を読んで恐怖心が植えつけられないようにという配慮かもしれませんが、作品内の政府は、目を瞠る素晴らしい活躍をします。森友・加計問題といった、ちゃんとした社会人には考えられないような過ちを連発する政府には到底望めないような働きなので、もし本当に首都圏大震災が起こったらどうなるか、読者がそれぞれ頭のなかでシミュレーションしてみる機会が得られる作品だと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]