2018年05月25日

「ベロニカは死ぬことにした」

20180525「ベロニカは死ぬことにした」.png

パウロ・コエーリョ (Paulo Coelho) 著
江口 研一 訳
角川書店 出版

 スロベニアの首都リュブリャーナに住む 24 歳のベロニカという女性が、安定した仕事もあって、ボーイフレンドもいるけれど、ただ毎日が同じだからという理由で、死のうとしたところから始まります。

 もちろん本当に死んでしまっては、物語が始まる前から終わってしまいますが、ベロニカは、ヴィレットという精神病院で目を醒まします。そこでの出会い、ベロニカが影響を受け、または影響を与えた人との交わりによって、物語が展開するのですが、「アルケミスト」ほど寓話的ではないものの、そういった雰囲気はあります。

 精神病院を舞台に『狂っている』ということがどういうことであり、どういう意味をもつかを考えるあたり、わたしには新鮮でした。ただ、そういった本筋より、スロベニアの首都リュブリャーナという、聞き慣れない街に興味がわきました。魅力的な街としてこの作品に登場するので、写真などを見てみましたが、いつか行ってみたいと思うような景観でした。この作品で『小さくもチャーミングな首都』と書かれてあるとおりだと思います。 
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]