2018年11月26日

「幸福論」

20181126「幸福論」.png

B・ラッセル (Bertrand Russell) 著
堀 秀彦 訳
KADOKAWA 出版

 幸福論は数多くありますが、今回はラッセルです。章立てを見るだけで、読書の半分が終わってしまうかと思うほど、整理されています。幸福になるために取り除かなければならない不幸の原因 (第 1 部) と幸福をもたらしてくれるもの (第 2 部) は、次のとおりです。

第 1 部 不幸の原因
- 何がひとびとを不幸にさせるのか?
- バイロン風な不幸
- 競争
- 退屈と興奮
- 疲労
- 嫉妬
- 罪悪感
- 被害妄想
- 世論に対する恐怖

第 2 部 幸福をもたらすもの
- いまでも幸福は可能であるか?
- 熱意
- 愛情
- 家庭
- 仕事
- 非個人的な興味
- 努力とあきらめ
- 幸福な人間

 古典だけあって、性役割の押しつけを前提とした表現もありますが、全体において鋭い観察眼だと敬服せざるを得ない内容です。

 第 1 部で少しわかりにくかったのが、『バイロン風な不幸』です。なんのために生きるのか……この世に、生きるに値するようなものはない……そういう考えのことです。読んでいて類似していると思ったのは、現代のいわゆる『自分探し』です。そういう青年たちには、生きていくだけで精いっぱいという状況に身を置いてみるよう勧めています。時代が変わっても、生きていくこと自体が脅かされなければ、生まれる悩みなのかもしれません。

 第 2 部でわかりにくかったのが、『非個人的な興味』です。これは、仕事などの事情に関係のない、自然と内から湧きでる興味をもって楽しめる趣味のようなものを指しています。思うに『熱意』に共通する部分もあるように思います。「いっそう多くの事物に興味をもてばもつほど、それだけ幸福の機会を多くもつ」と書かれてあります。

 全体を通して感じたのは、幸福は、自らを変えて手に入れるものであり決して待っているものではないもの、自分の内面と向き合いながらも外に向かってつながりをもたなければ実現できないものだということです。じゅうぶんな説得力がありました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]