2018年11月29日

「ジャパン・シフト (仕掛けられたバブルが日本を襲う)」

20181129「ジャパン・シフト」.png

原田 武夫 著
徳間書店 出版

 この本が積読状態にあったまま 6 年が過ぎ、日本でのバブル到来予測を 2012 年に書いた著者の予見能力を試す結果になってしまいました。

 バブルは、はじけてみないとわからないといわれますが、少なくとも東京で不動産を見ている限り、不動産バブルは起こったように思います。(著者の予想では、2018 年にはバブルは終わっているはずですが、時期については予想外れになった模様です。)

 第二次安倍内閣が始まったのが 2012 年 12 月、異次元緩和の黒田総裁が就任したのが 2013 年 3 月、それ以降の東京を見ていて、バブルを仕掛けた理由と方法について思うことは、概ねこの著者が書いているとおりです。株価がつりあげられ、相続税が増やされ、不動産にマネーが流れ、不動産価格も上昇しました。

 著者は、バブルだけでなく他のこともすべて論理的に予想している書いていますが、その根拠が少し弱いと感じました。理由は、定量データがないこと、根拠となる定性情報に実名がないこと、複数の原因を安易にひとつに絞ってしまう傾向があること、科学的に証明されていないとされる自然現象を断定していることなどです。

 そうはいっても、説得力がなかったわけではありません。そうかも……と思わせられる視点がいろいろありました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]