2018年12月18日

「日本史「補佐役」たちの言い分 ナンバー 2 こそ本当の主役 」

20181218「日本史「補佐役」たちの言い分」.png

岳 真也 著
PHP 研究所 出版

 いわゆる補佐役だった歴史上の人物のなかから、その人物像が正しく伝えられてこなかったのではないかと著者が考えた人物が並んでいます。

 主役ではなく補佐役に着目するのは意外性があると思います。わたしは元々歴史がさっぱりわからないので、世間で捉えられている人物像すら把握できていないのですが、印象に残った人物をふたり挙げたいと思います。

 ひとりは、柳生宗矩 (やぎゅうむねのり) です。徳川家康が征夷大将軍の任にあったころ、将軍家指南役の地位にありました。柳生新陰流でその腕を鳴らしただけでなく、長男・十兵衛のような密偵を抱え、柳生新陰流の門弟を全国に配し、そのネットワークを通じて主だった大名と係わりをもち、大規模な情報組織を維持していたとか。武器戦争の時代に情報戦争を予見していたかのようで驚きました。

 もうひとりは、テレビドラマでお馴染みの水戸光圀 (みとみつくに) です。この漫遊譚の真偽は不明ですが、1657 年から 1906 年という年月を費やして編纂された『大日本史』を始めたのが水戸光圀だったのは間違いないようです。二世紀半もかかる文化的大事業を手懸けたことはもっと知られてもいいのではないでしょうか。

 両者どちらも、当時の価値観に流されず本当に価値あるものを理解していたように見受けられます。トップとは違う感性で歴史の流れをつくった人たちなのかもしれません。
posted by 作楽 at 06:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]