2019年01月19日

「永遠の 0 (ゼロ)」

20180119「永遠の 0」.jpg

百田 尚樹 著
講談社 出版

 タイトルのゼロは、第二次世界大戦時の零戦 (正式名称は三菱零式艦上戦闘機) のゼロを意味しますが、それ以外にも特攻の帰還率ゼロ (十死零生) の意味も含まれているように思います。

 グローバル時代のいま、日本の文化や日本人の特性を実感する日々ですが、第二次世界大戦時代のこの小説を読んで思うのは、日本人はこの時代からあまり変わっていないのかもしれないということです。

 この作品では、ある姉と弟が特攻隊員として亡くなった祖父を知る人たちを訪ね当時の話を聴くかたちで、戦争やその時代の価値観が明らかにされます。命を賭した特攻さえ、歴然とした戦力差がある敵の目標物まで到達することは不可能で、無情にも結果を出せないことは自明だったことがわかります。

『失われた 10 年』とか『失われた 20 年』とかいわれだしてから、不正を謝罪する会見があとを絶たない気がします。それも、納期や予算だけでなくあらゆる無茶が底辺に押しつけられ、それらを表面上だけでもクリアしようと底辺が仕方なく不正に手を染めたりするケースが増えたように思います。つまり、かつては『お国のために命』を差し出していた底辺の人々がいまは『会社のために良心』を差し出しているようにも見えたわけです。

 特攻隊員だった祖父が結果的に『お国のために命』を差し出したかたちになっても、彼なりのささやかな抵抗を試み矜持を保って亡くなった道のりが、もしかしたら読者の共感を呼んでこの本がベストセラーになったのかもしれません。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]