2019年04月09日

「フェルメール 隠された次元」

20190409「フェルメール 隠された次元」.png

福岡 伸一 著
木楽舎 出版

 生物学者である著者は、大のフェルメールファンで有名なフェルメール研究家です。科学者が芸術作品を見る視点は、美術館で人混みに揉まれながら、これがあの有名なフェルメールの作品か……などと思うわたしとはまったく次元が異なり、驚きに満ちていました。

 もっとも驚いたのは、指紋の検出です。著者がフェルメールの作品に違いないと信じている 37 作品のなかには真贋が問われている作品があります。それをキャンバス上に微かに残された指紋から証明しようというのです。現在も進行中のプロジェクトのようですが、その閃きや仮説は読んでいるだけで胸躍るものでした。

 そして著者の専門分野のひとつ DNA の話題からも意外なことを知りました。DNA は、生物を作る設計図のようなものだと思っていましたが、実際は、全体像を把握する地図のような働きはありません。一部の例外を除き細胞は、それぞれ同じカタログブックを持っていて、細胞の差異はカタログのどの部品を選ぶかによって生まれるというのです。細胞の生成 (成長) 過程において、前後左右上下の細胞と相互作用の結果、相補的に差異化されていくのであって、身体の全体像を把握しているものはどこにもないということです。

 いろいろ知識も得られますが、この本の一番の売りは、巻頭に収められている 37 のリ・クリエイト作品のカラーページです。リ・クリエイト作品とは、現存の作品の画像データに対し、修復に似た補正を加え、コントラスト調整を施し、描かれた当時の作品の再現を目指すための色味を加えたものをキャンバス生地に印刷したものです。

 元の状態を正確に知ることができない以上、彩色することを良しとしない修復とは違うこのリ・クリエイトの手法に、ある修復家は「当時はどういう色味だったのかと考えるのは、知的な提案」だと評しています。作品そのものに手を加えるわけではないので、リ・クリエイト作品は歓迎される企画だと思います。

 美術品と生物を一度に楽しめる一粒で二度おいしい本でした。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]