2007年07月04日

「Assassin (Lady Grace Mysteries)」

20070704[Assassin(LadyGraceMysteries)].jpg

Patricia Finney 著
Delacorte Press 出版

 女王に仕える女性たちはMaid of Honourと呼ばれたそうです。女王の着替えを手伝ったり、話し相手になったり、大切なペットの散歩をいいつかったり、身の回りのお世話をするのですが、大体は良家の(資産家の)子女で、宮廷において将来有望な夫を探すために仕えているような感じです。

 この本の主人公、13歳のLady GraceはエリザベスT世のMaid of Honourという設定です。しかも、彼女の母親も同じようにエリザベスT世に近しい人だったのですが、女王を殺害するために仕込まれた毒入りワインを代わりに飲んで死んだため、Lady GraceはことさらエリザベスT世に可愛がられているという背景が描かれています。

 そのGraceが探偵役をつとめるこのシリーズの第1作である「Assassin」は、彼女の求婚者としてエリザベスT世が認めた3人の男性のうち1人が殺され、1人がその容疑者になるというものです。エリザベスT世から、真相を探り出す許可を得たGraceは、宮廷で洗濯をして働くEllieと曲芸師のMasouの力を得て、犯人をあぶり出します。そして、そこには自分自身の身に起こった不運な災難も隠されていました。

 この本は、Grace自身の日記という形で書かれています。そのため、少女の視点で物語が進んでいくのですが、そんなことを少女が知っていいのか、あるいはそんなことを少女が思うのかしら、と思うようなことがいくつも出てきます。やはり、英米あたりの中学生くらいだと、そういう現実を見ているのかな、などと思ってしまいます。

 Graceは女王の庇護下にあり、両親から受け継いだ資産を管理してくれる後見人も居て、将来16歳になったとき、結婚し夫がその財産を管理し、Graceの面倒をみてくれることになっています。(そのあたりの、男性に頼りきった女性の暮らしというのは、エリザベスT世の時代に合わせてあります。)しかし、Graceは、求婚者がお金目的でGraceを選んだこと、結婚には必ずしも愛が必要ではないこと、などを自ら学んでいきます。

 なんとなく、夢見る少女を想像したい私としては、過酷な現実をそんなに早くから知らなくてもいいのではないかと思ってしまいます。

 「The Switch」にしろ、「Rose Queesn」にしろ、英米圏の子供たちが、ませているというか、大人びているというか、うまく表現できないのですが、日本の子供たちと比べて自立しているように感じてきたのですが、またこの本でもそういう思いを強くしました。

 やはり、それが文化の違いなのでしょうか。

 物語自体は、最初の部分はその時代の背景がわからず停滞しがちですが、Graceが探偵役として動き出した途端におもしろくなり、最後まで一気に読める魅力があります。価値観や装いなどはその時代に合わせているとはいえ、文体はほとんど現代のものですし、ストーリーも特に時代がかっていないので、読みやすいと思います。
posted by 作楽 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書(Age:9-12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック