2019年06月15日

「エレガントな象」

20190615「エレガントな象」.png

阿川 弘之 著
文藝春秋 出版

 わたしは、著者より娘の佐和子氏のほうの話題をリアルタイムに聞いた世代で、著者の作品を読んだ記憶はありません。はじめて読んだ随筆ですが、第二次世界大戦時代を生き、原爆を経験した広島の生まれである著者が書く戦争の記述がずしんと響きました。

 たとえば、1945 年の春、東京空襲に来る B29 群は、湘南地方上空で大量の宣伝ビラを撒いたそうです。「鎌倉藤沢忘れたわけではありません」という気味の悪い傑作もあったそうです。数十年を経て、この随筆を書かれていたとき、別の傑作を見つけたとありました。

『日本よい国花の国
五月六月灰の国
七月八月よその国』

 著者は、このひとつの帝国が崩れ去る運命をたった 3 行で的確に表現し、七(八)五調の調べをつけ、しかも韻を踏ませたこちらの傑作が 1939 年にアメリカに亡命した八島太郎氏の作ではないかと推測しています。1956 年に八島氏にお会いになった際、「僕はね、戦争中志願してアメリカの情報機関で働いていたんだよ。空から撒く伝単用の諷刺漫画を描いたり、日本兵に投降をすすめる励ましの文章を書いたり、此の戦争で死ぬ日本人の数を出来るだけ少なくしたいと考へてゐたからね」と八島氏が話されていたそうです。

 特高に殺されるか、戦争で死ぬか、選択肢がふたつしかないように見えた時代に別の道を示そうとした人物がいたことはもっと知られてもいいように思います。

 そんな戦争経験者である著者が、自衛隊の派遣先に関する議論に対し『だいたい、危険な地域に自衛隊を出せないといふのは、軍の本質を無視する矛盾した議論であって、いつまでもそんなことを言つてゐると、テロリストを含む全世界の人の侮蔑嘲笑のまとにされるだらう』と書いていらっしゃることは、安全は待っていれば黙って与えられるものだと思っているわたしたちを諭しているように思えました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]