2019年07月15日

「あんたの神さま」

20190715「あんたの神さま」.png

てんつくマン (本名:軌保 博光(のりやす ひろみつ)) 著
サンマーク出版 出版

 著者は、路上で詩を書いているそうですが、もとはお笑い芸人だそうです。そのせいかもしれませんが、突っ込みどころ満載です。人にはそれぞれ神さまがついているというのですが、ご自身の神さまの名前が『安永さん』。ぼくの神さまは『安永さん』ですと言われた時点で、誰それ? どうしてその名前? と思ってしまうのは、わたしだけではないはずです。

 でも、核心部分では極々真っ当な心掛けを勧めてくれます。もうウン十年も前に助言していただいた内容を思い出したのは『恩送り』です。著者は、こう書いています。
++++++++++
忘れたらあかんのは、苦しいときには勇気を出して、「助けて!」って言うことや。正直に「苦しい……」って言うことはすごく大事で、それによってまわりの人も生かされていくから。それで、助けてもらったときのうれしさ、喜びを知ることができたら、今度は "恩返し" もええけど、"恩送り" をするねん。助けてもらった人にお返しをするんじゃなくて、ほかにもっと困っている人、三人ぐらいに何かをしてあげることや。そうやって恩送りをしていったら、どんどんつながっていくねん。
++++++++++

 誰もが知っている当たり前のことが書かれてあるだけなのですが、その当たり前のことを実践していくなかで、たまたま自己中心的/反社会的な人たちに振り回されたりしたとき、この本を読めば、元のバランスが戻ってくるかもしれません。わたしは偶然そういうタイミングで読むことができたので、よかったです。

 そして新しいもひとつ学ぶことができました。
++++++++++
「未来は変えられるけど、過去はけっして変えられない」そうずっと思っていたけど、過去は変えられるやんって学ぶことができた。もちろん過去の出来事は変わらへん。でも、そのときに感じた恨みや苦しみ、憎しみが全部、感謝の気持ちに変えられるって思った。
++++++++++

 著者は、過去の辛い経験を無駄なことと考えず、現在の幸せに辿り着くために必要なことだったと捉えなおすことで過去に感謝できたそうです。過去も変えられるというのは、わたしには新しい考え方でした。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]