2007年10月01日

「Pigeon Post」

20071001[PigeonPost].jpg

Arthur Ransome 著
Red Fox 出版

 サザエさんは、いつまでも変わらないテレビ番組のひとつだと思います。今でも携帯電話が出てこないで、駅前の公衆電話を使っていたりします。また、子供たちもテレビゲームやポータブルゲーム機で遊んだりしません。夏休みになると、どこにも遊びに連れて行ってもらえない子供たちは、庭でテントを張りキャンプ気分を味わったりしながら、子供たちだけの冒険のふりを思い切り楽しんだりしています。

 昔のすべてがよかったと言うつもりもありませんが、サザエさんの中の人たちを見ていると、どこかでほっとしていて、その状況を一緒に楽しんでいると思うときがあります。

 このArthur Ransomeのシリーズもそんな気分になれる児童書です。

 Arthur Ransomeは、20世紀前半にイギリスの湖畔地方に住んでいたそうです。そのあたりの風景がこの「Pigeon Post」にも盛り込まれている気がします。

 Roger、Titty、Nancy、Peggy、John、Susan、Dick、Dorotheaという8人の子供たちだけで、金を掘り当てようと金脈があると思われる場所にテントを張り、キャンプをします。

 子供たちは年齢の幅はあるものの、所詮大人からみれば、子供。子供たちだけのキャンプは当然大人からの反対にあいます。しかし、それをひとつひとつ解決しながら、子供たちは金鉱探しのキャンプを実現させてしまいます。

 たとえば、水。金脈があると推測している場所の近くでキャンプしようにも水がありません。手や顔を洗ったり清潔に過ごすための水がないとキャンプは無理と言われてしまいます。そうすると、ダウジングをして水源を探し当て、水を確保します。

 また、問題なくやっていることを毎日大人に知らせるよう求められます。そこで考えたのが伝書鳩。この本のタイトルになっている鳩です。3羽いる伝書鳩を毎日家まで飛ばし、3日に1度だれかが家からキャンプ場まで鳩を連れ帰るという計画です。しかし、鳩がいつ帰ってくるかわからないのに、それを見張っているわけにはいかないと大人に言われると、鳩が鳥小屋に入るとベルが鳴り続ける仕組みをつくり、大人を説得します。

 次々と立ちはだかる問題に対処しながらやっと実現するキャンプ。しかも、宝探しつき。そんな経験はしたことはありませんが、今流行りのゲームとはまったく違った楽しみが伝わってきます。

 そして、楽しいのはキャンプだけではありません。金脈探しです。しかし、こちらにも問題が持ち上がるのです。自分たちが探している金をほかのだれかも狙っているようなのです。そのライバルより先に金を見つけなくてはなりません。

 そして、さらなる事件や意外な結末も用意されていて、Arthur Ransomeが過ごした湖畔の風景を思い浮かべながら、楽しめます。

 「Pigeon Post」は、「Swallows and Amazons」で始まるシリーズで、私はたまたま縁があってこの本から読み始めましたが、「Swallows and Amazons」から読み始めるほうが、より楽しめるのではないかと思います。
posted by 作楽 at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋書(Age:9-12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだかとても楽しそうな本ですね。夏休みになると、長いロープ、ビニールシート、ダンポール、そして捕虫網を持ち…弟や近所の子供達を連れて毎日のように石神井川の上流まで探検に出かけていた自分の少年時代を思い出します。

金鉱脈や水脈探しとまではいきませんでしたが、洞穴を掘ったり、木の上に頼りなげな小屋を造ったりして…今でも出来るものならそんな遊びをしてみたいですね。

それに…2年ほど前に買ってあるダウンジングのセットも使う機会もないまま箱に入っているのですけど、いいな、いいな、と思いながら書評を読ませていただきました。

和訳の本があったら是非読んでみたいと思います。

Posted by 寛良 at 2007年10月02日 23:36
寛良さん

コメント、どうもありがとうございます。

この本は、「ツバメ号の伝書バト」というタイトルで岩波から翻訳された本が出版されています。とても有名な作家なので、もしかしたら、翻訳者違いでほかの本もあるかもしれません。ご参考までに。
Posted by 作楽 at 2007年10月11日 08:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック