2008年02月19日

「Sammy Keyes and the Dead Giveaway (Sammy Keyes)」

20080219[SammyKeyesAndTheDeadGiveaway].jpg

Wendelin Van Draanen 著
Yearling Books 出版

 私のお気に入りのSammy Keyesシリーズは、主人公のSammyが7年生(中学1年生)になったところで始まっていますが、今回のこの「Sammy Keyes and the Dead Giveaway」で、Sammyは7年生を終えます。それだけに、内容はSammyの成長を感じさせるものでした。

 なんといっても、探偵としての一番のスケールアップは、ほんものの殺人事件が関わっていること。いつもほろっとさせられるSammy Keyesシリーズだけに、凶悪犯人がでてくるわけではありませんが、それでもやっぱり、殺人は殺人です。

 そして、女の子としての一番のできごとは、初デート。といっても、ふたりきりのロマンチックなデートではなく、昔でいうグループ交際みたいな感じです。それでも、初デートは、女の子にとってビッグイベント以外のなにものでもありません。

 ほかにも、Sammyが政治に少し関心をもつようになったことや、コミュニティをつくりあげていくのは自分たちだという意識をもつようになった点では、おとなの私が逆に見習わないといけないと思ってしまうくらいです。"土地収用権"などという難しいことばもでてくるのですが、行政の決定にしたがって、立ち退きを迫られる人びとは珍しくもなんともないことを考えると、やはり10代のころから関心をもつことはいいことなのでしょう。

 このSammy Keyesシリーズではいつも思うのですが、Sammyが謎ときとして関わる事件と、Sammyの日常でのできごとがいつもうまく絡まっています。私から見た今回のキーワードは、"自由"。本当の自由とは何か?

 Sammyは今回、学校の先生が大切にしているインコを死なせてしまいます。つがいで飼われていたインコですが、ある日偶然Sammyが朝早く登校した日に、教室に置いてある鳥かごから1羽だけ逃げ出してしまいます。教室に入ってそれに気づいたSammyは教室の外にインコがでないように、ドアを閉めようとしますが、重いドアでなかなか閉まりません。それを力ずくで閉めるSammy。やっと閉め終えたSammyは、インコがドアに挟まって死んでいるのに気づきます。死んだインコを手にして呆然とするSammy。そこに、宿敵のHeatherが教室に向かってきます。何を言われるかと、こわくなったSammyは隠れます。そしてその後、インコがいなくなっていることに気づいた先生は、朝一番に登校してきたと思われるHeatherがインコをどうにかしたと決めつけてしまいます。本当のことを知っているのは、Sammyだけ。Sammyは事実を話さなければ、と思いながら、ためらい苦しみます。

 その苦しみから解放されたSammyが味わうのが本当の自由。そして、ほかにも、本当の自由を手にするひとがいます。

 今回も色々なできごとが次から次へと起こり、いろいろ考えさせられたSammy Keyesシリーズでした。
posted by 作楽 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書(Age:9-12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック