2008年02月26日

「Charlie and the Chocolate Factory」

20080226[CharlieAndTheChocolateFactory].jpg

Roald Dahl 著
Puffin 出版

 Roald Dahlを絶賛する知人がいるのですが、納得してしまいました。映画に取り上げられるのも納得してしまうくらいおもしろいです。

 本を読む前に私が知っていたあらすじはこの程度です。チャーリーという男の子が、チョコレートに入っているゴールデン・チケットを手に入れ、すごいチョコレート工場の見学に行くというもの。

 本を読むと、このチャーリーは、並大抵の貧乏ではありません。母方の祖父母と父方の祖父母と両親と暮らしているのですが、その家にはベッドがひとつしかありません。祖父母たち4人はそこで寝たきりで、母親はその面倒を見るために家にいます。父親が唯一の稼ぎ手なのですが、それも工場の流れ作業で、家族が十分に食べることもできません。だから、チャーリーがチョコレートを食べられるのは1年に1度だけ。そのチョコレートも最初は眺めるだけど、これ以上我慢できないというところまできたら、ほんのひとかけ食べ、次の日もほんのひとかけ食べ、とゆっくりゆっくり味わうのです。

 そして、そのチャーリーの誕生日が目前に迫った日、チョコレート工場のオーナー、Willy Wonkaがゴールデン・チケットのことを発表します。昔、チョコレートやガムのレシピをスパイに盗まれて以降、誰も入れたことがない工場に子どもを5人だけ招待するための、ゴールデン・チケットです。

 ああ、チャーリーの誕生日プレゼントのチョコレートに、ゴールデン・チケットが入っているのか!と内心盛り上がったのですが、誕生日プレゼントにはチケットは入っていませんでした。

 いつチケットが当たるのか、やきもきしながら読み進めるのですが、さらにやきもきするのが、工場に見学に行ってから。次はどんなお菓子を作っているところに行くのか、子どもたちは何をしでかすのか、はらはらしながらも、突拍子もないことが次々と起こって、一気に読めてしまいます。

 エキセントリックなWilly Wonkaをジョニー・デップがどう演じているのか、突拍子もないお菓子に工場の設備がどう映像化されているのか、読み終えたら、映画も見てみたくなりました。
posted by 作楽 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書(Age:9-12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック