2008年03月18日

「The Stowaway Solution (On the Run 4)」

20080318[TheStowawaySolution].jpg

Gordon Korman 著
Scholastic Paperbacks 出版

 「Chasing The Falconers (On the Run)」「The Fugitive Factor (On the Run 2)」「Now You See Them, Now You Don't (On the Run 3)」ときて、4冊めです。15歳の少年と11歳の妹、そこまで頑張るか!?という展開で進みます。

 ふたりは、タイトルにあるように、船で密航するという大胆な逃走を試みます。Los Angelesの港から石油を運ぶ船で、Seattleまで逃げようというのです。前巻で、Aiden(兄)とMeg(妹)の逮捕に繋がる情報に対し、2万5千ドルの賞金がかけられてから、ふたりの逃走路は、より簡単にFBIに把握されるようになっています。道路や鉄道が封鎖されているのなら、今度は海を逃走路に利用しようというのです。

 しかし、船上で不正乗船がばれてしまい、救命ボートで嵐の海に降りることになってしまいます。そして、嵐の中、ふたりは離れ離れになってしまいます。

 そんな状況でも、ふたりは諦めるということを知りません。父親と母親の無実を信じ続け、潔白を証明することだけを考えて、FBIから逃げ、手がかりを追います。おとなが主人公なら、こうはならないのでしょうか。

 読む進めるごとに、「そこまでするか!?」と思う機会が多くなってきたシリーズです。
posted by 作楽 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書(Age:9-12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック