2019年10月07日

「つながりに息苦しさを感じたら読む本」

20190928「つながりに息苦しさを感じたら読む本」.png

村上 剛 著
セルバ出版 出版

 サブタイトルとして「心が 9 割ホッとするコミュニケーションスタイル」と書かれていますが、これはこの本の内容をあらわしていないと思います。

 NLP University 認定マスタートレーナーという著者の立場から推察すると、NLP のあれこれを伝えるため、この本を書かれたのでしょう。しかし残念なことに、その幅広い知識が細切れに披露されるだけで、コミュニケーションの改善に絞った適切な助言にはなっていません。

 ただその細切れの知識のなかに、納得できる点がいくつかありました。

 そのひとつが『表象システム』です。視覚優位、聴覚優位、体感覚優位にわかれ、それぞれ行動、思考、価値観などの観点から異なるそうです。この本の内容を読む限り、わたしは、聴覚優位に該当するようです。

 聴覚優位の場合、思考が論理的で思考パターンは情報の配列となり、長所は、話の筋が通っている、言語に対し厳密で定義づける傾向があるそうです。短所は、柔軟性に乏しく、コンピュータのようだとのことです。

 視覚優位の場合、思考が直感的で情報の全体な統合を得意とし、長所は、頭の回転が速く、絵画的表現に優れ、モデリングが得意ということです。短所は、話題が飛びがちで、非難が多く、憶測や歪曲も多いそうです。

 体感覚優位の場合、思考が感覚的・情緒的で、情報を現実化する傾向があり、長所は、情け深く優しく、鋭敏な身体感覚を持ち、共感性が高いところです。短所は、感情に取り込まれやすい点です。

 自分を再確認し、他者との違いを把握するのに、この『表象システム』は、役立つように思いました。ただこの差異を越えて良いコミュニケーションを取るにはどうすればいいのかという観点からの記載がなく残念でした。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

「これだっ!という『目標』を見つける本」

20190826「『目標』を見つける本」.png

ケン・シェルトン (Ken Shelton)/リチャード・H.モリタ (Richard H. Morita) 著
イーハトーヴフロンティア 出版

 前半は一般的な啓発書と同じように、自分にあった目標を見つけることが重要であるという意見が述べられています。後半は前半とは違って、小説風に自分にあった目標を見つけるきっかけに恵まれた人物が描かれています。

 あの手この手で自分にあった目標を見つけよと訴えるくらいなら、具体的なプロセスについてもっと掘り下げて欲しかったと思います。何かを理解することとそれを実践することは別で、いくら頭で理解していても実践する場では実践特有の問題が起こるものです。それについては別の本で学んでくださいというスタンスでは一冊の本として完結していないように思え、物足りなさを感じました。

 わたしの場合、家族がいないので、添付の質問シートがあまり意味をなさなかったり、手に入れたい、自由にしたい、やめたいなどと思うものがなかったりしました。自分に該当する数少ない質問に満足に答えらず、行き詰ってしまいました。

 ただ、自分の目標を見直せなかったとしても、過去を振り返り、過去を解釈しなおし、肯定的で前向きな自己認識をもち、『本当の自分』が興味を持てることを目標に設定する大切さには納得できました。いい学校に行っていい会社に就職のうえ出世するだとか、起業し収益をあげて企業規模を拡大するとか、右に倣えで自分の理想を描いても辛いだけだということがこの歳になるとわかるからです。

 この本に真の価値を見出すのは、人並み以上になろうと本当に頑張っている方々かもしれません。

 ロシュフコーは言っています。『我々は、どちらかと言えば、幸福になるためよりも、幸福だと他人に思わせるために四苦八苦しているようである。』
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

「仕事が早く終わる人、いつまでも終わらない人の習慣」

20190813「仕事が早く終わる人、いつまでも終わらない人の習慣」.png

吉田 幸弘 著
あさ出版 出版

 もっとも目を惹く特徴は、読みやすいことです。ひと組ずつ習慣をとりあげ、タイトルと同じように仕事が早く終わる人と終わらない人で比較しています。

 42 列挙されている習慣の比較のひと組に、自信をもてずにいたものの自ら実践していた習慣が含まれていました。
++++++++++
早く終わる人はマニュアル化思考、
終わらない人は結果が出ればいい思考
++++++++++

 まず仕事が早く終わらない人の特徴として『仕事から学んだことがあっても、何も記録に残していないので、次に同じような仕事が入っても改善につながりません。』対照的に、早く終わる人は、『仕事から学んだことを整理して、その都度ノウハウをマニュアル化します。その結果、次回の仕事のクオリティがアップし、作業効率が上がっていきます。これが時間の短縮化につながっていきます』とあります。

 押さえるべきポイントを挙げ、次の機会に思い出せる程度に詳しく記録しておくと次の機会に重宝するいっぽう、それなりに時間がかかるうえ、次の機会が必ず巡ってくるかわかりません。そのため、この考え方に自信がもてずにいましたが、これからも続けていこうと思いました。

 そのほか、絶対こういうことはしないでおこうと思っていることも仕事が終わらない人の習慣に含まれていました。
++++++++++
早く終わる人は「何を言ったのか」を重視し、
終わらない人は「誰が言ったのか」を重視する
++++++++++

 いわゆる上ばかり見ている人を見て、反面教師にしたいと思っていたので、共感できました。
++++++++++
早く終わる人は下の人からも学び、
終わらない人は上の人からだけ学ぶ
++++++++++

 常に学び続けないと新しい技術についていけない時代なのに、自分の年齢はあがっていくばかりなので、このことも絶えず忘れずにいたいと思います。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

「最適な『人生のペース』が見つかる 捨てる時間術」

20190723「捨てる時間術」.png

若杉 アキラ 著
日本実業出版社 出版

 わたし自身も本音では著者と同じように無駄な時間だと考えていたのに踏ん切りがつかず行動に移せなかったことがいくつかあります。

 ひとつは、乗り気ではない飲み会への参加です。プライベートではもう、楽しい飲み会へのお誘いしかないのですが、同僚との飲み会は、乗り気ではなくとも時々参加しています。著者は、飲み会に行かないせいで不利益を被るような会社は、そもそもいる意味があるのか疑問に思うといいます。そのことばに納得できたので、これからは自分の時間優先で割り切ってお断りできそうです。

 もうひとつは、さらに難易度の高い問題です。わたしが興味をもてないイベントの集客に、わたしが大切に思っている方が関わっていてお誘いされるケースです。当日、わたしにとって大切な方とお話できればそれだけで行く価値はあるのですが、集客に関わっているくらいなのでお忙しそうで声をかけられない場合がほとんどです。著者は、そんなケースで演劇に誘われたときのお断り例をこう書いています。
++++++++++++++++++++
お誘いありがとうございます (誘いに感謝)。
先日のお話とても楽しかったです (これまでともにした時間に好意を示す)。
今回は〇〇の劇なのですね。いつも応援しています (これからも好意があると示す)。
あいにく当日伺うことはできませんが、素敵な舞台になることを願っています (理由を伝えずに断る)。
++++++++++++++++++++

 ポイントは、理由を伝えていないことです。目からウロコです。これから参考にさせていただきたいと思います。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

「現役東大生の世界一おもしろい教養講座」

20190722「おもしろい教養講座」.png

西岡 壱誠 著
実務教育出版 出版

 この本の内容紹介にあるとおり、古今東西のできごとを『風が吹けば桶屋が儲かる』方式で解説しています。つまり、そういう因果関係の連なりを組み立てられるかもしれないけれど、そうではないかもしれないといった話を現代の若者言葉を取り込みつつ楽しく解説しています。

 たとえば、日本では 2000 年代に入ってショッピングモールが地方に増えました。(これについては説明されていませんが、大規模小売店舗法が廃止されたことが引き金になったと思われます。) それにより地方の駅前商店街はシャッター街になり、若者は自分たちの商店街を潰したショッピングモールで働くのが嫌で都会で働くようになったと説明しています。そういった心理的要因もあったと思いますが、このころ大学への進学率が 50% に迫る勢いで増えていました。そのため、都市部で大学生活を送った若者がそのまま就職したという要因もあったとわたしは推測していますが、著者はそういった要素はすべて切り捨てて簡略化しています。

 その結果、論点の展開が教養かエンターテインメントか、ちょっと微妙なラインを彷徨う感じになっていますが、この本で著者が伝えようとしたことは、大切なのは知識を覚えることではなく、知りえたこと同士の関連性を考えてみたり、応用してみたり、学んだことを活用することの大切さだと思います。

 若い人たちに向けたそのメッセージは伝わっているのではないかと思います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする