2014年07月12日

「冬そして夜」

20140712「冬そして夜」.jpg

S・J・ローザン (S.J. Rozan) 著
長良 和美 訳
東京創元社 出版

 シリーズ第8作目にして初めて、ビルがリディアに対して、両親とではなく叔父と暮らすことになった辛い過去を話す場面が登場します。家族との摩擦や家庭の温もりとは切っても切れない関係にあるリディアと違って、ビルには家族の存在が感じられる場面があまり登場しません。

 そのビルが今作では妹一家と再会します。甥であるゲイリーがビルの住むニューヨークの警察に保護され、ビルが身元保証人として呼ばれたためです。ゲイリーは、何かトラブルを抱えているようですが、かたく口を閉ざしています。そしてそれは、ほかの人たちが抱える問題へと思わぬ展開で波及していきます。

 ゲイリーの隠しごとが何なのかも気になりますが、その隠しごとが一連の事件とどう関係してくるのかも気になって、一気に読んでしまいました。

 いろんな要素が組み合わされて、このシリーズは成り立っています。探偵であるふたりが関わる事件を中心に、ビルとリディアの関係、ビルの家族の不在、逆にリディアの密な家族との関係が描かれるほか、リディア視点のときは移民社会の問題、ビル視点のときはアメリカ社会の問題が何かしら取りあげられています。

「春を待つ谷間で」は、ニューヨークやサンフランシスコのような大都会ではない小さな町が子供たちに与えられる教育という問題が取りあげられていましたが、今作では、裕福な家庭が多い郊外の町がフットボール選手を英雄のように扱うさまが取りあげられていて、少しばかりアメリカに滞在したくらいでは見ることのできない価値観が感じられて、おもしろく読めました。

 このシリーズで描かれる社会問題はどれも身近なことなので、次も読みたいという気になります。

2014年06月15日

「天を映す早瀬」

20140615「天を映す早瀬」.jpg

S・J・ローザン (S.J. Rozan) 著
長良 和美 訳
東京創元社 出版

 当シリーズ第7作となる今作で、リディア・チンとビル・スミスは、活躍の場をはじめて海外に移します。リディアが話す広東語が通じる香港にガオおじいさんの依頼により、品物を届ける仕事です。ガオおじいさんの依頼とあれば断ることのできないリディアはビルを説得して一緒に香港に向かいます。

 思慮深いガオおじいさんが品物を届けるだけの簡単な仕事にビルの同行を条件とするのは解せませんが、最後までガオおじいさんの意図は明かされません。

 そしてガオおじいさんが届けるよう依頼したのは、彼の旧友であるウェイ・ヤオシーという中国系移民の遺品です。ウェイ・ヤオシーは、中国から香港に渡り、そこで弟と一緒に貿易会社を興してアメリカに進出しました。その結果彼は、ニューヨークと香港を行ったり来たりすることになったのです。ふたつの土地での彼の暮らしは、このシリーズのリディアが語り手となる作品で繰り返し登場する、移民が感じる疎外感のような感情の延長線上にあります。自分が属さないと感じる土地での暮らしのなかで、自分のルーツである中国の文化や価値観とどう向き合うべきかをウェイ・ヤオシーは模索していたのではないかと察せられる場面もあります。

 文化の違いや価値観の違いなどを考えるいい機会になりました。そしていつものように、このシリーズが中国系移民によって書かれていないことをどう考えるべきかという疑問に行きつきました。

2014年04月08日

「春を待つ谷間で」

20140408「春を待つ谷間で」.jpg

S・J・ローザン (S.J. Rozan) 著
直良 和美 訳
東京創元社 出版

 ビルとリディアが交互に語り手をつとめる当シリーズ6作目は、ビルがニューヨークを離れて依頼を受けるという設定です。場所は、ビルが山小屋で休暇を過ごすアップステート・ニューヨークです。地元民を雇用できる企業が皆無に近いこの郊外は相対的に貧しく、子供たちに優れた教育を受けさせるのも難しく、リディアが住むチャイナタウンとは違った意味で、格差が見受けられる環境です。

 休暇を過ごす場所でビルが探偵としての依頼を受けるのは意外な気がしますが、依頼者であるイヴ・コルゲートに対して何か感じるものがあったのでしょう。イヴ・コルゲートは当初、尊大なイメージで登場しますが、徐々に印象が移ろいでいきます。

 イヴ・コルゲートが本音を語るまでの紆余曲折や豊かな国アメリカと十把一絡げに語れない格差社会の歪みなど、この作家の徐々に核心に近づいていく描写は、読むたび上手いなあと思います。華やかさはないものの、小さな発見をしたときのちょっとした喜びのような満足感が読後に感じられました。もう少しこのシリーズを読み続けたいと思います。

2014年03月18日

「苦い祝宴」

20140318「苦い祝宴」.jpg

S・J・ローザン (S.J. Rozan) 著
直良 和美 訳
東京創元社 出版

 ビルとリディアが交互に語り手になる当シリーズ第5作です。「新生の街」に続いてリディアが引き受けた依頼は、やはり中国系アメリカ人から持ちこまれたものです。

 依頼内容は、失踪した4人の中国人を探してほしいというもの。うち2人は、不法入国者のため、白人が4人の足跡を辿ろうとしても、中国人からは何も情報を得られないことが目に見えています。そのため、リディアがリードするかたちで捜査が始まります。

 中国社会が抱える問題や中国からの移民の実情が垣間見えるこの作品で一番印象に残ったのは、物語の最後で「中国人だから」というだけで、何かを強要されることにリディアが辟易しているところです。たとえば、中国人だから中国人を助けて当然だとか、個人の意思ではなく、人種でひと括りにされるのは確かに辛いと納得できます。その一方で、「中国人だから」と自分の価値観の根拠をアイデンティティにおく発言もしていて、それにも納得できます。

 そのふたつは矛盾しているように見えても、現実の感覚であり、自然な感情だと思います。そういうところを描いているリディアの視点に色々気づかされることがあるので、このシリーズには、謎の解決に劣らない楽しみがあります。次は、中国の何が描かれるのでしょうか。

2014年02月05日

「どこよりも冷たいところ」

20140205「どこよりも冷たいところ」.jpg

S.J. ローザン (S.J. Rozan) 著
直良 和美 訳
東京創元社 出版

 シリーズ4作目です。「ピアノ・ソナタ」に続いてビルの視点で語られる2作目なのですが、今回は、ビルがレンガ工になって建築現場で潜入捜査をするというもの。あまりに無理のある設定ではないかと思ったものの、ミステリとしては、これまで読んだシリーズのなかでは一番好きです。

 好きな理由は2つあって、ひとつは好感のもてる登場人物がいること。もうひとつは、人と人のすれ違いがしっくりくるかたちで描かれていること。

 好感のもてる登場人物というのは、建設現場でビルの相棒として働いているレンガ工のマイク・ディメイオです。マイク自身の仕事に対する姿勢や、長年探偵として働いてきたマイクのレンガ工としての仕事ぶり(当然、腕はなまっているわけです)を評価する観点などから伺える価値観に共感できるだけでなく、その人物描写が無理のある潜入捜査を可能なものにしています。やはりミステリーとしては、隠された何かを暴くプロセスに無理があると楽しめないので、それなりのリアリティを感じられる設定は評価できます。

 人と人のすれ違いの中心となっているのは、チャック・デマティスというビルたちの同業者です。今回は、このチャックから依頼を受けたビルがリディアに助っ人を頼むという設定です。チャックには、幼いころから家族ぐるみの付き合いをしながらも、別々の道を歩むことになった友人がいます。その友人に対する複雑な思いがこの事件と離れようもなく絡まり、この物語に深みがでている気がします。

 始まってから軽く10年を超えるこのシリーズが途絶えることなく翻訳されている理由は、このような謎とそれ以外の人物描写のバランスにあるのかもしれません。