2017年01月24日

「大坂侍」

20170124「大坂侍」.png

司馬 遼太郎 著
講談社 出版

 東京出身の友人から面白いと薦められ、読みました。筋書き、人物描写、歴史的背景など、色々な面で安定している司馬遼太郎らしい短篇集です。わたしから見て、他の司馬遼太郎作品に比べて、友人に勧めたいと思うほど面白いわけではないのですが、東京出身者からすると、ここで描かれる大阪人の価値観が珍しかったのかもしれません。

 この短篇集に収められているのは、以下です。

−和州長者
−難波村の仇討
−法駕籠のご寮人さん
−盗賊と間者
−泥棒名人
−大坂侍

 このなかでも、「難波村の仇討」と「大坂侍」は、気質というか価値観の点で大阪人(あきんど)が侍とは違っていることが目立っています。

「難波村の仇討」の時代は幕末で、ある侍が、兄の仇を討とうと備前岡山から上方にやってきたところ、その仇の使いを名乗る者から、仇討ちのゆるし状を売ってくれと頼まれます。この仇は、帯刀するあきんどのように描かれているのですが、自分を殺しにきた侍に対し、田舎には帰らず、貰った金で知らぬ土地でうまくやっていけばいいと提案しているわけです。したたかなあきんどとして描かれています。

「大坂侍」も、江戸の終わりを背景に、侍とあきんどが対照的に描かれています。こちらでは、十石三人扶持の侍が、三百年にわたって徳川幕府から受けた扶持のお返しとして征夷大将軍のもとに駆けつけると言うと、侍を慕うあきんどの娘が、三千石を用意するから、戦には行かないでくれと頼みます。そもそも、女が親や夫に従うだけの存在として描かれていません。自らの知恵で交渉する存在として描かれています。

 一見すると、なんでもかんでもお金で片づけようとしているように思われますが、あきんどとしては、合理性がないと言いたいだけのことだと、わたしは思いました。時代が大きく変わっていくときに、おいえだとか忠義だとか、ほとんど意味をなさなくなった事柄に見切りをつけるべきだと言いたいのではないでしょうか。

 そういう見方をすること自体、わたしが関西人である証でしょうか。ほかの方の感想を知りたいものです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

「対岸の彼女」

20161222「対岸の彼女」.png
角田 光代 著
文藝春秋 出版

 第132回(平成16年度)下半期の直木賞受賞作品です。

 30代半ばの女性、小夜子の視点で物語は進みます。3歳のひとり娘を育てる専業主婦だった小夜子が、娘を保育園に預けて働きはじめ、仕事を通じて出会った人々との交流から、自分を見つめなおすという内容です。

 タイトルである「対岸の彼女」というのは、自分と同じ大学を卒業した同い年の会社経営者を指しています。夫も子供もいない対岸の彼女は、自由を手にして勝手きままに生きているように見え、自分の仕事を見下す夫や口うるさい姑の言葉に傷つき涙する自分とのあいだには、大きな川が立ちはだかっているように見えます。

 帯には、『だけどあたしたち、どこへいこうとしてたんだろう。』とあります。小夜子が、いくつかの経験を経て自分がいこうとしていたところを見つけて選んだ道は、前向きで建設的です。周囲の人たちのように、もっと楽な道を選ぶこともできたことを考えると、好感のもてる選択でした。そう思ったのは、わたし自身も、自分がどこへ行って何をしたいのかわからずに過ごしているからかもしれません。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

「羊と鋼の森」

20161113「羊と鋼の森」.png

宮下 奈都 著
文藝春秋 出版

 高い評価を受けている作品のようですが、普段本を読んでいる人がわざわざ時間を割くほどの価値がある本とは思いません。おそらく、普段本を読まない人には、こういう本がおすすめ、という意味の評価(賞)ではないでしょうか。

 ただ、わたしはまったく評価しないと、いいたいわけでもありません。百聞は一見に如かずという言い回しがありますが、その逆もあると思います。音楽というものは、何度となく読むより、実際に聴いたほうが、巧拙といった比較的客観的なことがらについても、好みといった主観的なことがらについても、わかりやすいと思います。そういう分野を敢えてテーマに選び、筆で挑んだのは、おもしろいと思います(タイトルの羊と鋼はピアノを指し、駆け出しの調律師が主人公です)。

 しかし、肝心の筆力のほうは、直截的表現が目立ち過ぎて、物足りなさを感じました。わかりやすさを求める読者、十代あるいは二十代くらいの若い読者にはおすすめできても、それ以外の人におすすめするのは少し躊躇われる作品です。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

「レッドゾーン」

20160929「レッドゾーン」.jpg

真山 仁 著
講談社 出版

 普段、経済小説を読まないので、最後まで読みきれるか自信がありませんでした。それが意外にもテンポよく読み進められました。物語の中心に据えられた企業買収が、買収を防ぐ側から描かれていたことが理由のひとつです。

 わたしが勤める会社は小さな会社ですが、その分野では一番手だといわれる会社になりました。もちろん成長もしているのですが、メガ企業が競合会社をみな買収してしまったことも一因としてあります。

 この本を読んでいるあいだじゅう思っていたのは、買収防衛策に費やされる手間や時間を考えれば、株式を公開するリスクを背負わないという選択(わたしが勤める会社のオーナーが採った選択)は、充分合理的なのだということです。資金調達を一気にできなくとも、毎年2桁成長を続けていれば必要な投資はできるという、オーナーの考え方の堅実性が、再認識できた気がします。

 それに加え、日本が中国に買い叩かれる時代の恐ろしさをひしひしと感じるスリルも、読むテンポをあげる効果がありました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

「さくら」

20160728「さくら」.png

西 加奈子 著
小学館 出版

「サラバ!」で直木賞を受賞した西加奈子の代表作として紹介されることの多い作品です。わたしとしては、同じく代表作として挙げられることの多い「きいろいゾウ」のほうが、好みです。

 理由は、ふたつあります。ひとつは、いまのわたしには少し賑やかすぎて重すぎた点です。生きていくのが大変な状況において人生とどう向き合っていくべきか、人を愛するということはどういうことか、たまたまマイノリティ側となったときにどうすべきか、といった、大切ではあっても簡単には答えが導きだせないことが詰め込まれていました。それも関西弁の「いちびり」ということばを思い出させるような賑やかさのなかで語られるので、重く感じられました。

 ちなみに「いちびり」は、市を振るから転じたようです。セリで値を促す際の騒々しさが元になっていることばです。賑やかでよいというニュアンスもありますが、調子に乗ったうるささが少しの不快感をともなっているというニュアンスもあります。ただ、普通のいちびりは目上から疎まれ一喝されたりしますが、桁外れのいちびりとなると賞賛の対象になったりします。

 理由のもうひとつは、主人公がどういう視点で語っているのか、よくわからない場面があったことです。主人公の立場では知りえないことが、時々(後日談といったふうでもなく)さらりと書かれてあり、とまどいました。

 ただ、ベストセラーになったのは、納得できました。手垢のついていない個性的の表現でこの作家独特の世界が広がっているのは「きいろいゾウ」と同じでした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする