2019年08月12日

信頼できない語り手 (unreliable narrator)

 翻訳を研究する会にお邪魔したときに知ったことば、『信頼できない語り手』は、カズオ・イシグロの小説の語り手を指しているそうです。このときの会の課題が、カズオ・イシグロの「遠い山なみの光」の一節で、その語り手である悦子もやはり信頼できない (unreliable) なのか話題になりました。

「カズオ・イシグロの視線」という本によると、ディヴィッド・ロッジ (Lodge, 1992) が新聞の読者を対象として小説技巧を解説した際に用いた表現によれば、「日の名残り」の語り手スティーブンスは、『信頼できない語り手』だそうです。(1989 年出版の「日の名残り」はブッカー賞を受賞しているので、あちこちで注目を集め、こういうことばが生まれたのかもしれません。)

 スティーブンスほどではないにしろ、悦子が語っている内容には不自然なことも含まれ、信頼できない語り手と言っていいのでしょう。課題になったのは、その悦子がある子供に話しかける場面です。
++++++++++++++++++++
The child said nothing. I sighed again.
"In any case," I went on, "if you don't like it over there, we can always come back."
This time she looked up at me questioningly.
"Yes, I promise," I said. "If you don't like it over there, we'll come straight back. But we have to try it and see if we like it there. I'm sure we will."
++++++++++++++++++++

 この部分の日本語訳では、主語の人称と子供の名前の部分が原文と異なります。
++++++++++++++++++++
子供が黙っているので、わたしはまた溜息をついた。
「とにかく、行ってみて嫌だったら、帰ってくればいいでしょ」
こんどは、万里子は何か訊きたげにわたしを見上げた。
「そう、ほんとうなのよ。行ってみて嫌だったら、すぐ帰ってくればいいのよ。でも嫌かどうか、まず行ってみなくちゃ。きっと好きになると思うわ」
++++++++++++++++++++

 原文のこの部分だけを見ると、"we" と言っているのに「帰ってくればいいでしょ(のよ)」となっていて、悦子が含まれている感じがまったくしません。

 ここの訳をもし変えるとしたらどう変更するかというのが課題だったのですが、"we" を「わたしたち」のように明確に書かなくても、「帰って来ましょうよ」など二人称の雰囲気を出すことができるので、そうしたほうがよいという意見に収束しました。

 また代名詞 (この場合 "she") は、日本語では不自然に感じられることも多く、特に子供の場合、万里子といった実際の名前に置き換えることは当然のようになされているのですが、この場面では明確に万里子としないほうがいいという意見も出ました。

 物語全体を読めば、語り手の悦子が、友人の娘である万里子と自らの長女を重ねていることがわかります。それを示唆する "we" であり、"The child" なわけです。それを日本語訳で消し去るのはどうなのかという議論になりました。

 同じ本を読んで意見を交わす機会というのは、いつもながら貴重だと感じました。
posted by 作楽 at 19:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

「出世する人の英語 出世する人の英語 アメリカ人の論理と思考習慣」

20190131「出世する人の英語」.png

小林 真美 著
幻冬舎 出版

 IT 業界で働いていますが、IT 業界でアメリカが先頭に立ったのは、言語面での優位性が最大の要因だと思っていました。(英語は、漢字を使う言語よりずっと文字数が少なく、母語とする人々の人口も多いからです。)

 でもこの本で『アメリカ人が最重要視する Integrity』 の項を読み、本当に Integrity を最重要視する人がトップに立ち、社員を選び育てるものさしに Integrity を用いているのなら、アメリカが IT 業界のトップに立つのは当然だと思いました。

 Integrity は、「言動が一致している」「一本筋が通っている」と説明され、ニュアンスとしては「どんなときでも、だれも見ていなくても、正しい判断や正しい行いができる強い姿勢」と書かれてあります。それは仕事の場において「上司がなんと言おうが、会社の体制がどうであろうが、自分が正しいと信じる行動ができる」ということだそうです。

 Integrity ほどの衝撃を受けませんでしたが、そのほかにも収穫がありました。

◎ I'm happy for you.

相手を褒める状況で「すごいね!」に相当する表現だそうです。これは使えそうです。

◎ Do you have any ideas? (何か意見はありますか?)
◎ Do you have any idea? (あなた、わかっているの?)

◎ I have no ideas. (よい考えが浮かびません)
◎ I have no idea. (わかりません)

 日本語では名詞の単複をあまり気にしないので、これらの差には気をつけるべきだと思いました。特に、I have no idea.は、投げやりな感じがするそうなので、注意が必要です。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

「言葉と発想」

20180326「言葉と発想」.png

伊藤 笏康 著
放送大学教育振興会 出版

逆転の英文法」と同じ著者の本です。こちらでは、わたしが英語で苦手とする冠詞について、発見がありました。内包と外延という概念さえ理解できれば、定冠詞の理解が深まる内容だと思います。内包と外延は、広辞苑第六版で次のように説明されています。

内包……概念の適用される範囲(外延)に属する諸事物が共通に有する徴表(性質)の全体。形式論理学上は、内包と外延とは、反対の方向に増減する。例えば、学者という概念は、哲学者・文学者・科学者・経済学者などの学者の全種類を包括するが、学者という概念に「哲学研究」という徴表を加えると、内包はそれだけ増加し、外延は反対に減少する。

外延……ある概念の適用されるべき事物の範囲。例えば金属という概念の外延は金・銀・銅・鉄などである。

≪the の用法≫

1. 個体を指す場合

外延をあらわす名詞から特定の個体を取りだすというか、指し示すために定冠詞が使われるケースです。

1-1. 以前の文脈から一つに決まる個体を指す

He saw some hats …… He thought about the hats.
(帽子がいくつか彼の目にとまりました。……彼はそれらの帽子のどれを買うか考えました)

about the hats といったときの the hats は、He saw some hats の hats だと文脈からわかる例で、わたしが the の使い方を思い浮かべるとき、一番に思いつくものです。

1-2. 日常文脈で一つに決まる個体を指す

Take this paper to the president.
(この書類を社長にもっていってくれ)

社員がこの一文で指示を受けたときに指す社長は、自社の社長です。言わずとも暗黙でわかる文脈から特定され、the が使われています。実は、the sun、the moon などもここに分類されるそうです。この世にひとつしかないものには定冠詞を使うと教わりましたが、それは誤りで、その根拠は、ギラギラした太陽のことを a glaring sun、何と美しい太陽かと感嘆するときは、What a beautiful sun! というように、不定冠詞を使う例があることだそうです。

1-3. いきなり 'the' を使い、文脈を確認する

たとえば、ゴルフコンペで、

He'll hit the ball into the trees.
(あいつこの球を林に入れるぞ)

となれば、the ball は当然「彼がこれから打つ球」だし、the trees は「このゴルフ場の林」だと分かるから、the が使われています。the があることによって、いまのこの状況の話だと気づかされることになるというのです。わたしにとっては、1-2. との違いが曖昧なのですが、それでも考えれば、使えそうな the です。

1-4. 初出の 'the' を繰り返して使い、新たな文脈を作る

この項の使い方は、わたしがいままで意識したことがなかったものです。

The mom should stay home, and the dad should work.
(お母さんは家にいて、お父さんは仕事に行くのがほんとうだ)

mom も dad も、初めて登場するときから the がつけられています。そうすることによって、the mom と the dad は同じ家庭のおとうさんとおかあさんだとわかり、家庭の一般論を述べているという文脈ができあがります。こういう使い方を思いつくのは難しそうですが、これらの定冠詞を不定冠詞に置きかえてみると、違う家庭のおとうさんとおかあさんがペアになることも考えられるため、おかしくなり、やはり定冠詞を使うべきだとわかります。

The kind of curve that the pitcher must give the ball so that it will change its course just in time to baffle the stroke of the batter would be a matter of very interesting scientific research.
(バッターのスイングの瞬間に合わせてコースを変え、空振りを取れるボールを投げるために、ピッチャーは球にどんな種類の変化を加える必要があるのか。これは科学的研究の立派な対象となる)

このなかの the はすべて初出だそうです。こうして繰り返されると、英語の原則を知っている人は「新たに出てきた the の名詞群をひとつの文脈で理解しようと」考えるそうです。そして、the kind of curve、the pitcher、the ball、the stroke、the batter をつなぐひとつの文脈ができあがり、「ピッチャーが球を投げ、バッターが打とうとする」場面 (文脈) が作り出されるというわけです。しかもこの文は一般論を述べたものであり、これらの the が現実の人やモノを特定しているわけではないこともわかります。

2. 概念を指す場合

2-1. 概念の内包を、一つの典型的な個体に託して表す

日本語で「左甚五郎はほんとうの職人だね」というとき、左甚五郎はいちばん優秀な職人だといいたいわけではなく、「職人らしい職人」「職人を絵に描いたような人」だといいたいわけです。これにあたるものが次のような文です。

Beer is the drink for hot weather.
暑いときの飲み物はビールだね

He is the quite the English gentleman.
彼は英国紳士そのものだ

この彼は、英国紳士がもつべき性質、つまり「英国紳士」の内包を完璧に備えています。そしてこの the は「典型の 'the'」になります。典型の 'the X' とは、
(a) 'X' 概念の内包を完全に備えている個体を指定して
(b) それを 'X' の権化と考え
(c) いくつもある 'X' の代表とする
ものといえます。

2-2. 概念の外延 (集合全体) を一つの個体として指す

The Russians have the largest reserves of natural gas in the world.
ロシアには天然ガスが世界でいちばん多くある。

Americans should know the Russians.
アメリカ人はロシア人を知るべきだ。

上記の『初出の 'the' +複数名詞』というかたちは、概念の外延を個体として語っています。「ロシア人」をひとくくりにして、「ロシア人全般」「ロシア人というもの」と平板化して一律に扱っているため、ロシア人とせず、ロシアとしたほうが自然な訳になることがあります。また、差別的な表現になることもあるそうです。具体的には、Americans should know the Russians. という文の Americans には、具体的な人間が複数いるイメージがあるいっぽう、the Russians は十把ひとからげで「ロシア人というもの」という意味になっていて、その使い分けが人の扱いの差としてあらわれています。

そう説明されて初めてその差に気づくレベルなので、この『初出の 'the' +複数名詞』を使えそうにはありませんが、せめて見かけたときに気づけるようになりたいと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

「逆転の英文法」

20180319「逆転の英文法」.png

伊藤 笏康 著
NHK出版 出版

 いまさらですが、この本で英語の時制の使い分けが学べた気がします。ひとつは、現在完了形と過去形の使い分けです。わたしが仕事で関わっているコンピュータソフトに含まれるもの、たとえばオンラインヘルプなどでは、英語の原文で、現在完了形が頻出しますが、日本語に訳すときは過去形にすることがほとんどです。そうすると自然な文章になるのが理由ですが、その理屈は理解できていませんでした。

 著者の説明によると、英語母語話者は、動作や行動に「開始」「中間過程」「完成」「その後の状態」の 4 段階があると考えているそうです。このうち、完了形があらわしているのは「その後の状態」です。

 たとえば、100 のステップから成る仕事をコンピューターが処理すると仮定します。処理を「開始」したあと、順次ステップ処理を進めたものの、あるステップ(「中間過程」) で エラーが発生したとします。ただ、その次以降のステップも順調に進み、処理が最後まで終わった (「完成」した) とき、エラーが 1 個あったとコンピューターがユーザーに知らせるのに使われるのは、英語では基本的に完了形、日本語では基本的に過去形です。

 著者の説明によると、英語母語話者は、「動作・行動がすでに終わった」と聞くと、「それじゃもう『その後の状態』が始まっているのだな」と考えるそうです。つまり「行動が終わっている」ことで大切なのは、「すでに行動が存在しない」ことではなく、行動によって生み出された「現在の状態」がどうなっているかということです。つまり、たとえひとつのステップであってもエラーが発生したことによって、現在もその影響を受けている限り、完了形を使うということです。

 著者が説明するこの 4 段階は、過去形と過去進行形の使い分けにも応用できます。「開始」「中間過程」「完成」のすべてを見たときは過去形を使えます。しかし、「中間過程」のどこかを見ただけであれば、過去進行形になります。

1. May made the cake this morning.
メイは今朝、そのケーキを作った
2. May was making the cake this morning.
メイは今朝、そのケーキを作っていた

 1.と 2.では話し手が見た時間的範囲が違うということは、この本を読むまで考えたこともありませんでした。基本的なことだけに、いまさらでも知ることができて良かったと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

「What is 和食 WASHOKU?」

20180208「What is 和食 WASHOKU?」.png

服部 幸應/服部 津貴子 監修
こどもくらぶ 編
ミネルヴァ書房 出版

 出張で来日した外国の同僚と食事に行くときなど、日本食について説明することができれば、おそらく喜んでもらえると思っても、わたしには難しくてできません。それで、この本に惹かれ、読んでみました。この本では、日常的な和食だけでなく、地方色豊かな名物料理やハレの日の料理も、薀蓄とともに紹介されていて、英訳も添えられています。(しかも日本語学習者も日本語で読めるよう、すべての漢字にルビがふられています。)

 読んでわかったのは、日本食を外国の方々に説明できずにきた理由は、知らないことが多過ぎたということです。

 知らずにいたことのひとつは、英語の語彙を使うコツがわかっていなかったことです。たとえば、きのこ。この本では、mushroomと訳されていて、しめじ、干しいたけ、えのきといった違いを説明する必要があるときは、それぞれ、shimeji mushroom、dried shiitake mushroom、enoki mushroomとされています。しめじを shimeji と呼べば、shimeji の説明が必要になりますが、shimeji mushroom とすれば、誰でもわかります。見れば納得のテクニックなのですが、考えつきませんでした。

 ほかにも、これまでウン十年ものあいだ接してきた懐石料理が、もともとは茶の湯の席に招いたお客さまに、お茶を飲む前に食べていただく質素な料理のことだったとは、知りませんでした。おなかをすかせたままではお茶をおいしく味わえないため、お茶を飲むのにさしつかえのない程度の食事を準備していたとか。この『懐石』は、禅宗のお坊さんが、懐にあたためた石を入れて、空腹や寒さをしのいだことからきたことばだそうです。こういった背景は、漢字を見ておおよその見当のつく中国系の人たちに説明すると楽しんでいただけそうです。

 これからは、外国の方々と食事に行く前にこの本を引っ張りだして、予習していきたいと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする