2020年08月21日

「この英語、訳せない! head は頭? 顔? 首?」

20200821「この英語、訳せない!」.jpg

越前 敏弥 著
ジャパンタイムズ出版 出版

 この本のサブタイトルになっている『head』の項では、"The man's head was gray and red." という例文が紹介されています。

 head は、顔も含めた、首から上の部分を指します。日本語にすれば『頭部』ですが、やや堅苦しいので『顔』と訳したほうが適切な状況もあると著者は言います。また、『生首』ということばが頭部全体とほぼ同じ意味であることからわかるように『首』という訳語を用いるのもひとつの方法だと説明されています。

 先の例文は小説からの引用だそうですが、白髪で赤ら顔だということを、まわりくどく説明しているそうです。それを翻訳家として著者は『頭と顔では、灰色と赤が幅を利かせている』と訳し、原文よりわかりやすくしすぎるのを避けたそうです。

『head』以外の項で参考になったのは、『insight』と『floor leader』です。

『insight』は、わたしが持て余してしまう単語で、『洞察』などが並ぶ英和辞書を見ても答えを見つけられません。著者は、オンライン辞書サイト「dictJugller.net辞遊人」には、「ひらめき」「知識」「感覚」といった過去の訳語が掲載されていて参考になると紹介するいっぽう、自らの訳も披露しています。

-it seeks to order chaos and gain insight into life
混乱を秩序へ変え、人生についての深い知恵を与えてくれる

-to gain insight into how this news will be received
はたしてこれをどう受け止めるのか、参考にしたい

-Your insights during our last conversation helped make this night possible.
最後に会ったときのあなたの意見のおかげで、この夜の集いが実現したのですから。

『floor leader』は、辞書に『院内総務』と載っています。しかし『院内総務』が米国議会においてどういった立場の人物を指すのか、わたしは知りませんでした。本書では、以下のように説明されています。
++++++++++
 2 大政党である共和党 (Republican Party) と民主党 (Democratic Party) のどちらにも、党首にあたる役職はありません。そこで、連邦議会でも州議会でも、両党の代表をつとめるのがこの院内総務です。上院 (Senate) でも下院 (House of Representatives) でも、多数党の院内総務が majority leader、少数党の院内総務が minority leader と呼ばれます。多数党・少数党は各院の議席数で決まりますから、かならずしも大統領の出身政党が多数党というわけではありません。

 院内総務は両党の代表であると書きましたが、厳密に言うと、下院では多数党の最有力者が議長をつとめるので、多数党の院内総務は実質的にはナンバー 2 にあたります。また、連邦議会の上院では、副大統領が議長を兼任するならわしとなっています。
++++++++++

 どの項も、小説などに登場した具体例をもとに説得力のある説明がされていて、日本と欧米の言語や文化の違いに興味をもてました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

「使ってはいけない英語 100」

20200421「使ってはいけない英語 100」.png

デイビッド・セイン 著
NTT 出版 出版

 この類の本を読むと、自分の英語が未熟なせいで、気づかずに相手の気分を損ねていることは多々あるのだろうと思ってしまいます。

 以下はその例で、(B) を伝えるつもりで、(A) の表現を使ってしまったことがありそうです。

(A) Maybe.
そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない (何とも言えないね)。
(B) I might.
決めかねています。

Maybe. は真剣に答えている気持ちが感じられないようで、投げやりに答えたつもりはなくとも、そう伝わったこともありそうです。

(A) I can't go to the meeting.
会議に行くのは無理です。
(B) I won't be able to go to the meeting.
(申し訳ないのですが、) 会議に行けません。

can と be able to は同じだと思っていましたが、そうではないようです。can は、自分の意思を含み、能力や状況が許さない場合は、be able to を使うようです。

(A) I won't call him.
彼には電話するつもりはありません。
(B) I'm afraid I won't be able to call him.
申し訳ないのですが、彼には電話することはできないでしょう。

won't も cannot 同様、きつい印象を与えがちのようなので、これからは注意したいと思います。

 以下は、(B) の意味で (A) を言ってしまわないよう注意すべき例で、ドキッとするほど大きく意味が異なります。

(A) He left office.
彼は会社を辞めた。
(B) He left the office.
彼は退社 (帰宅) した。

わたしが苦手な the を忘れるとこんなことになるとは思っていませんでした。

(A) It'll be difficult.
難しいだろう (でもやる)。
(B) It would be difficult.
難しいだろう (だからやらない)。

わたしは、やる気満々の言葉を発していながら、粘りがないと評価されている可能性があります。

(A) I expect you to be here at 9:00.
(当然のように) 9 時に来てください (分かったね?)。
(B) You need to be here at 9:00.
9 時に来てください。

expect は、わたしにとって使用頻度の高い動詞なので、注意したいと思います。

(A) I'll try to help you.
とりあえず手伝いましょう。
(B) I'll do whatever I can to help you.
手伝えることは何でもやります。

try に頑張るニュアンスがないことは驚きました。

 正直なところ、こんなレベルで英語を使っていていいのか、自分で不安になりました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

「ほのぼの英語:1 コマ漫画で親子の日常英会話」

20200115「ほのぼの英語」.png

デイビッド・セイン (David Thayne)/堀 道広 著
東京書籍 出版

 わたしの英語は、仕事で使う英語であれば何とかなるいっぽう、日常的な会話となれば手も足も出ないレベルです。だから、子供を対象としたこういう本は意外に勉強になりました。

 一番気に入ったのは短いクイズです。おもしろいものを抜粋しました。まずは、子どもと縁がなければ知ることができないものから。

Q1. 別れのあいさつで See you later (またね) のあとにふざけて「ある動物の名前」をつけて言うことがあります。さて、何の動物?

A1. alligator
See you later alligator. (じゃあね) と言われたら、After a while crocodile. (うん、バイバーイ) と返すのがお約束です。

Q2. 「いないいない、バァ〜」を英語で言うと?

A2. Peek a boo!
「ピーカーブー」と、最後の「ブー」に力を入れて面白い顔をすればバッチリ!

Q3. 英語で「おんぶして」は Give me a _____back. (_____back で 1 語) と言います。_____に入るのは何という単語でしょう?

A3. piggy
Give me a piggyback. で「おんぶして」。piggyback で「おんぶ」「肩車」です。

Q4. 「おしっこ」が pee なら、「うんち」は何て言う? (注意:人前でこんな言葉を使って OK なのは、子どもだけですよ!)

A4. pee が「おしっこ」、poo が「うんち」。「うんちしたい」なら、I want to go poo. です。

Q5. 「お気に入りのぬいぐるみ」を binky と呼びますが、それは「持っていると安心できるもの」ということで、ある単語が元になっています。それは何?

A5. blanket
blanket (毛布) の幼児語を blankie といい、それが元になって blankie→binky となったようです。

次は、子どもに限定しない話題ですが、わたしにとって目新しかったものです。

Q6. 「チャックが開いてるよ!」とは言いにくいもの。これを最短で伝えるアルファベット 3 文字は?

A6. XYZ
Examine your zipper. の略。「あなたのチェックをよく確認しなさい」という意味です。XYZ と言えば OK! また、Check your zipper. とも言います。

Q7. 英語では「しその葉」を _____ plant と言います。_____ にはアメリカ人が大好きな食べ物の名前が入りますが、さて何でしょう?

A7. beefsteak plant
英語ではなぜか「しその葉」を beefsteak plant と言いますが、これがどんな植物か知っているアメリカ人はほとんどいません。

 日々の暮らしに必要のない言語を習得するのは、やはり難しいものです。
posted by 作楽 at 19:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

信頼できない語り手 (unreliable narrator)

 翻訳を研究する会にお邪魔したときに知ったことば、『信頼できない語り手』は、カズオ・イシグロの小説の語り手を指しているそうです。このときの会の課題が、カズオ・イシグロの「遠い山なみの光」の一節で、その語り手である悦子もやはり信頼できない (unreliable) なのか話題になりました。

「カズオ・イシグロの視線」という本によると、ディヴィッド・ロッジ (Lodge, 1992) が新聞の読者を対象として小説技巧を解説した際に用いた表現によれば、「日の名残り」の語り手スティーブンスは、『信頼できない語り手』だそうです。(1989 年出版の「日の名残り」はブッカー賞を受賞しているので、あちこちで注目を集め、こういうことばが生まれたのかもしれません。)

 スティーブンスほどではないにしろ、悦子が語っている内容には不自然なことも含まれ、信頼できない語り手と言っていいのでしょう。課題になったのは、その悦子がある子供に話しかける場面です。
++++++++++++++++++++
The child said nothing. I sighed again.
"In any case," I went on, "if you don't like it over there, we can always come back."
This time she looked up at me questioningly.
"Yes, I promise," I said. "If you don't like it over there, we'll come straight back. But we have to try it and see if we like it there. I'm sure we will."
++++++++++++++++++++

 この部分の日本語訳では、主語の人称と子供の名前の部分が原文と異なります。
++++++++++++++++++++
子供が黙っているので、わたしはまた溜息をついた。
「とにかく、行ってみて嫌だったら、帰ってくればいいでしょ」
こんどは、万里子は何か訊きたげにわたしを見上げた。
「そう、ほんとうなのよ。行ってみて嫌だったら、すぐ帰ってくればいいのよ。でも嫌かどうか、まず行ってみなくちゃ。きっと好きになると思うわ」
++++++++++++++++++++

 原文のこの部分だけを見ると、"we" と言っているのに「帰ってくればいいでしょ(のよ)」となっていて、悦子が含まれている感じがまったくしません。

 ここの訳をもし変えるとしたらどう変更するかというのが課題だったのですが、"we" を「わたしたち」のように明確に書かなくても、「帰って来ましょうよ」など二人称の雰囲気を出すことができるので、そうしたほうがよいという意見に収束しました。

 また代名詞 (この場合 "she") は、日本語では不自然に感じられることも多く、特に子供の場合、万里子といった実際の名前に置き換えることは当然のようになされているのですが、この場面では明確に万里子としないほうがいいという意見も出ました。

 物語全体を読めば、語り手の悦子が、友人の娘である万里子と自らの長女を重ねていることがわかります。それを示唆する "we" であり、"The child" なわけです。それを日本語訳で消し去るのはどうなのかという議論になりました。

 同じ本を読んで意見を交わす機会というのは、いつもながら貴重だと感じました。
posted by 作楽 at 19:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

「出世する人の英語 出世する人の英語 アメリカ人の論理と思考習慣」

20190131「出世する人の英語」.png

小林 真美 著
幻冬舎 出版

 IT 業界で働いていますが、IT 業界でアメリカが先頭に立ったのは、言語面での優位性が最大の要因だと思っていました。(英語は、漢字を使う言語よりずっと文字数が少なく、母語とする人々の人口も多いからです。)

 でもこの本で『アメリカ人が最重要視する Integrity』 の項を読み、本当に Integrity を最重要視する人がトップに立ち、社員を選び育てるものさしに Integrity を用いているのなら、アメリカが IT 業界のトップに立つのは当然だと思いました。

 Integrity は、「言動が一致している」「一本筋が通っている」と説明され、ニュアンスとしては「どんなときでも、だれも見ていなくても、正しい判断や正しい行いができる強い姿勢」と書かれてあります。それは仕事の場において「上司がなんと言おうが、会社の体制がどうであろうが、自分が正しいと信じる行動ができる」ということだそうです。

 Integrity ほどの衝撃を受けませんでしたが、そのほかにも収穫がありました。

◎ I'm happy for you.

相手を褒める状況で「すごいね!」に相当する表現だそうです。これは使えそうです。

◎ Do you have any ideas? (何か意見はありますか?)
◎ Do you have any idea? (あなた、わかっているの?)

◎ I have no ideas. (よい考えが浮かびません)
◎ I have no idea. (わかりません)

 日本語では名詞の単複をあまり気にしないので、これらの差には気をつけるべきだと思いました。特に、I have no idea.は、投げやりな感じがするそうなので、注意が必要です。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする